猫の体調管理の方法

こんな季節の変わり目は体調を崩しやすく、風邪をひいたりしちゃいます。
日頃から体調管理は怠らないようにせねば!
もちろん、猫にとっても寒さは大敵。
寄り添いあい、まる〜く寝てます。
なんともかわいい寝姿・・・❤️天使なの?

 

猫の体調管理の方法

 

猫の体調管理の方法

なんて言ってる場合じゃなく。

 

この時期は寒さからくる猫の風邪にもご用心なのです!
猫も、人間同様くしゃみや鼻水といった症状が現れます。
「猫風邪」と呼ばれるものです。

 

猫の平熱は私達人間より1〜2度程高い38度台が平熱。

 

39〜40度になると熱があると判断していいでしょう。
呼吸が荒い、またはぐったりしている、そんな状況は緊急です!

 

すぐに動物病院へ直行してくださいね。
かかりつけの病院を普段から持っておくことも大事!
予防策として、まず猫を飼う方なら当たり前の「ワクチン」接種です。

 

室内猫であれば猫3種混合ワクチンでOK。(予防として室内猫でも5種混合を接種される方もいます)
病気に対しての免疫力を付けます。
外に出る猫は5種混合が必須です。

 

できれば、病気や怪我、事故を未然に防ぐ為にも室内飼いが理想的ですね。
1年に1回の接種、必ず行いましょう!
また、人間から猫にうつることもあります。

 

ウイルスに感染した野良猫などを触って、菌を持ち帰ってしまうケースです。
私自身が媒体させているとは・・・!
 

外猫さんと戯れた際は、飼い主様は必ず手洗いをし、服も着替えてから愛猫をもふもふしてくださいね。

 

気をつけていても万が一風邪をひいてしまったら、
栄養が十分あり、消化に良いものを食べさせてあげましょう。
ドライフードは水でふやかして柔らかくしてあげてください。

 
あと水分補給はとっても大事!
 

元気が無く、飲んでくれない時はスポイトで飲ませてあげたり、鼻に水を少量つけて舐めるよ
うに水分を摂取し、脱水症状を起こさないよう気をつけてください。

 

目ヤニやヨダレが出ていたらこまめに綺麗にしてあげてください。

 

その後は必ず手洗いを忘れずに!
多頭飼いされていると、他の猫ちゃんにも感染し兼ねませんので細心の注意を!
猫は風邪をひいてしまうと長引いたり、重症化したり、なかなか治りにくかったりします。

 

かわいい愛猫がいつまでも元気で過ごせる日々を送れるように、愛情責任を持って猫ライフを満喫していきましょう♪
猫の体調管理の方法

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。