飽きさせない!猫とおもちゃで遊ぶコツ

目次

猫を飼っているお宅なら必ずと言っていいほどある猫のおもちゃ。

狩りの練習をしたり、ストレス発散に、コミュニケーションにと必要なアイテム。

今ではたくさんのおもちゃがありますが、
これいいかも!これなら遊ぶかも!と
商品のキャッチコピーに惹かれ、あれもこれもと買った経験はありませんか?

ほらほら!新しいおもちゃだよー!とウキウキして猫に見せるも、興味を示すのはほんの一瞬だったりします。
クンクンと匂いを嗅ぎ、ペシペシと危険なものかどうかソフトパンチをお見舞し、あとはフル無視。

飽きさせない!猫とおもちゃで遊ぶコツ

え!?ちょ…あ、遊んでくれないの!?

猫は人間が面白そうと思うものは案外興味がなかったりします。

結局、ボロボロになった100均のねこじゃらしで落ち着いたりします。
親の気持ち子知らず、とはこの事か。

しかし、買い与えたおもちゃに興味を示し、今ではスタメンで活躍してるおもちゃもあります。

鳥の羽のようなねこじゃらしは食いつきが半端ないです!
ふわふわしたものが好きなのか、目をまん丸にし飛びついてきます。
地面を這いつくばるような瀕死の鳥を演じると凄い勢いで走り迫ります。
もう怖いぐらい。

あとはシャカシャカ音がなる材質の猫トンネル。

猫ってビニール袋が好きだったりするじゃないですか?
あの音のように、歩いたり触れたりするとシャカシャカ鳴ります。
音が好きなんでしょうか?
穴が複数あるタイプのやつでは各方面に気を配りながら監視したり、走り抜けたり、出たり入ったりを繰り返して遊んでます。
横の運動になって、とっても健康的!

また、お金をかけないでも猫が興奮して遊ぶおもちゃもあります。

飽きさせない!猫とおもちゃで遊ぶコツ

代表的なものがヒモ。

色はカラフルなものではなく、白やグレーなどでokです。
赤色などは判別しづらいとされています。
猫は白黒の世界なんて言いますよね。
長さは20cm程で充分なので、生きている蛇のようにうねうねしつつ、たまに視界からしゅっとヒモを消してやるとどこいったアイツ!?と探し回ります。

最後は猫に噛ませて、捕まえさせて終わりましょう。
捕まえられた〜!と気分が良くなり、ストレス発散になります。
遊んだ後は誤食しないよう、きちんと片付けしてくださいね!

トイレットペーパーの芯や、丸めた紙なんかも好きだったりします。
ペットボトルのキャップなんか投げると犬のように走って取りに行き、口にくわえて持って帰ってきたりします。

え?犬なの??すごいね。。。

飽きさせない!猫とおもちゃで遊ぶコツ

 

また、スマホに太陽の光が反射して、壁が光ってたりすると
見つけるやいなや「ウルル!カカカカカッ!!」
なんて奇妙な声で鳴いたりします。

獲物を見つけたんだけど届かない範囲にあったりすると
ソワソワ、ワナワナしつつも目線は光にロックオン!
スマホをチラチラさせると壁の光が移動してそれを必死で追いかけ回ります。
猫用のレーザーポインターみたいね働きですね。

すごい反応を示してくれますが、実体がなく、口にくわえたり触れたりできないのでストレスを抱えてしまう恐れもあります。
ライトなどで遊んであげた後は、ねこじゃらしなどで噛ませて気分よく遊びを終了させてあげましょう。
疲れた〜とばかりにぐっすり寝てくれます。

1日に1回は猫としっかり遊んであげる機会をつくってくださいね!

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。