クラウドファンディング「里親の見つからない猫たちのために保護猫カフェを作りたい。」

「ねころーぐ クラウドファンディングで保護猫カフェを作りたい 。  公式グループ」

「Readyfor」にて7月23日に里親の見つからない猫たちのために「保護猫カフェを作りたい。」プロジェクトを公開いたします!

公開後URL:https://readyfor.jp/projects/nekoloog

開業費用の初期費用のご支援を3000円から募っています。リターンは、お葉書(猫のフォトアルバム)+カフェ無料利用券を送付致します。
ネットで発信し続けるだけではなく、自分で保護猫カフェを持ちたい。そう思い開業を決意しました。皆様のご支援が大きな力になります。どうぞご支援・ご協力よろしくお願いします。

クラウドファンディング「保護猫カフェを作りたい。」

 

 

【猫が毛づくろいをする理由】猫の本能と習性について

猫は毛づくろいが大好き

ごまちゃんが、あんちゃんをなめなめしてあげています。

【猫が毛づくろいをする理由】猫の本能と習性について

ねろ~ん、ねろ~ん。

「うーん、気持ちいい。さすがカリスマ美容師・ごまみね」

「いつもご贔屓いただきまして、ありがとうございます♪」

【猫が毛づくろいをする理由】猫の本能と習性について

「そうそう、ここもねー、毛流れがどうもいつも決まらなくてさー」

「潤いが足らないかもしれませんね。ナノスチームを浸透させてしっとりつや毛にする感じでいきましょうか?」

「OK~おまかせするわ♪」

ねろ~ん、ねろ~ん。

【猫が毛づくろいをする理由】猫の本能と習性について

(きちんと毛流れに沿ってなめてますね、さすがカリスマ笑)

猫はグルーミング、いわゆる毛づくろいが大好きです。

身体をなめたり、前脚で顔を洗ったり。

一説では、猫のグルーミングの時間は起きている時間の3分の1をも占めるとか。

猫の特徴のひとつである、ざらざらとした舌。猫の舌には糸状乳頭(しじょうにゅうとう)と呼ばれる無数の突起物があります。

それらがブラシの役割を果たすのですね。

「そんなに身体をなめて、まずくないの?」と見てるこっちは思いますが、突起自体に味を感じる器官であるところの味蕾(みらい)はないそうですよ。

猫はどうしてそんなに熱心に毛づくろいをするのか、その理由などを調べてみました。

猫の毛づくろいの理由

猫がグルーミングをするのにはいろいろと理由があります。

・体をきれいにする

一番の理由は身体についた毛の汚れや匂いを取るため。

身体につくノミや、皮膚炎の予防にもなります。

匂いを消すのは、狩猟時代の名残りといえるでしょう。

毎日お風呂に入らなくても身体がきれいなのは、自分でせっせとなめているからなのですね。

(それにしても、飼い主がなでなでした箇所を後からせっせとなめて匂いを消して回るの…わかっていても猫飼いとしては若干フクザツな気持ちであります)

・体温調節

猫は身体に汗をかかないため、なめることによって唾液の気化熱で体温を調節します。

また、寒い季節には毛をなめてふわふわ感を保つことで毛の間に空気の層を作り、温かい体温を逃がさないようにする役目もあります。

・リラックス効果

物理的効果のほかにも、身体をなめることで精神を落ち着かせたり、リラックスの効果もあるそうです。

生まれたばかりの子猫は母親になめてもらうことで、安心感を得ます。

それが本能的に残っているんでしょうね。

緊張感や不安を感じたとき、ストレスを感じたとき、あるいは猫同士の喧嘩の合間など、それを相手に悟られないようグルーミングを行います。

(何かを失敗したときにそそくさと身体をなめて立ち去る姿…動揺を隠そうとして隠し切れない感じが、猫飼いには最高の萌えポイントだったりします♡)

・ビタミンDの摂取

日光に当たると、猫の皮膚はビタミンDを合成します。

日向ぼっこ中になめなめするのは、実は大事な栄養素の摂取が目的だったりもするようですよ。

こんな毛づくろいには要注意

毎日のように毛のお手入れに余念がない猫ではありますが…異常なほど毛づくろいをしている場合には要注意です。

・病気、ケガのサイン

同じところばかり気にしてずっとなめている、その場所が禿げ上がってしまうほどなめている場合は注意しましょう。

どこかがかゆかったり、痛かったり、違和感を感じていたりする可能性があります。

特におしりや泌尿器の辺りを気にするようなら、ウンチやおしっこの様子もしっかり観察しましょう。

・ストレス

1日中頻繁に、イライラしたようになめ続けている…などの場合は、精神的ストレスの可能性も。

同居猫との相性が悪い、フードやトイレを急に変えた、あるいは引っ越しなどで環境自体が変わった、

などなど原因が何なのか、早急につきとめる必要があります。

人間によるブラッシングも必要

猫だけにまかせるのではなく、日頃からスキンシップをかねて飼い主がブラッシングをしてあげましょう。

換毛期には短毛な猫でも尋常じゃない量の毛が抜けます。

それらを全部猫がなめ取ってお腹の中に入れてしまうのは、やはり無理がありますよね。

なめとった抜け毛などはお腹に溜まり、やがて自然に排泄されますが、

排泄しきれない場合は毛玉を吐き出す行為をおこないます。

吐かせるために食べさせる猫草などもありますが、

吐くのは胃や喉にも負担がかかる上とても苦しいもの。

毛玉をスムーズに排泄するサポートをしてくれる毛玉ケア用のフードを与えてあげるのも良いと思います。

ブラッシングには、ラバーやシリコンなどの凸凹がついたマッサージブラシや、

先の丸いピンがたくさんついたスリッカーブラシ、ノミ取り用のコーム、

そしてアンダーコートの抜け毛取りに優れたファーミネーターなどいろいろな道具があります。

猫によって好き嫌いもありますので、いろいろ試してみて猫ちゃんが嫌がらないものを見つけてくださいね。

セルフグルーミングとアログルーミング

さて。多頭飼いだとこのように、猫がお互いをなめてあげる様子がみられることが多いですね。

【猫が毛づくろいをする理由】猫の本能と習性について

猫が自分でおこなうセルフグルーミングに対して、複数の猫がお互いにグルーミングすることを「アログルーミング」というそうです。

これは猫の親和行動のひとつ。猫同士が仲良しである証拠です。

メス猫は母性が強く優しいため、性別・年齢関係なくなめる行動に出るようですが、

オス猫は主にメス猫相手にしか行わない行為なんだとか

(もちろん個体差や相性などもありますので、必ずしもそうではない場合もありますが)

野生のオス猫同士はなわばり争いの時しか接点はないわけで、そもそも「慣れ合う」必要がないようです。

オス猫同士で仲良くなめなめしているところが見られたら、余程の仲良しさんか、兄弟猫なのかもしれませんね。

猫同士のなめなめには、深い愛情や信頼関係が必要というわけです。

なめ合う場所も、セルフグルーミングでは届かない頭頂部や首、耳のうしろなどが多いです。

なめなめしてもらう側もとっても気持ちよさそう。

この光景をみることこそ多頭飼いの醍醐味!

たまに飼い主をなめてくれたりすることもあります。

「飼い主だいすき」の証だとしたら、この上ない喜びです(^^♪

お返しに、こちらからもたくさんなでなで(なめなめはさすがにやめましょう;)してあげましょうね。

アログルーミング中に突然?

ところで

らいおん丸もなめなめを始めたのですが…あれれ?

【猫が毛づくろいをする理由】猫の本能と習性について

↑ ↑ たまーに、アログルーミング中に突然、バトルが勃発してしまうこともあります

なんなんでしょうねあれは…;

(猫同士の優劣をつける行為では?といわれていますが正確なところはまだ解明されていないようです)

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。