海外猫と日本猫って?主な日本猫6種

猫ブームなんて言われてますが

(いやいや、当方長年猫ブームです)

急速に加速した気がします。

動物のテレビ番組と言えば、犬・犬・猿・犬・・・というぐらい

猫なんてあまり見かけませんでしたが

今じゃ、どの番組にも猫ちゃん特集されてますよね。

 

雑誌でも猫の特集なんか組まれてたり。

スコティッシュフォールドやラグドール、マンチカン、チンチラ、アメショ・・・

ん・・・んーとぉ・・・えーとぉ・・・

日本猫どこやねん。

海外猫と日本猫って?主な日本猫6種

いや、かわいいんですよもちろん。

マンチカンのあの短足っぷりとかたまらんですよ。

 

でもほら、なんだか日本猫を飼ってる身としましては

日本猫にもっとクローズあててよ!なんてヤキモチ焼いちゃったり。

芸能人でも日本猫飼われている方多いですし、日本猫と血統種猫ちゃんどっちも飼ってる方もいますよね。

日本猫は海外の方に人気があるんだとか!

 

大々的に日本猫と一括りにされてますが大まかな分類でわけると

 

・白猫・・・オッドアイや青い瞳の子がいますよね。

・黒猫・・・もう宅急便と言えばあなた。

・ブチ猫・・・2色の毛色でカラーバリエも豊富。

・サビ猫・・・黒と赤茶色が混ざった感じ。

・トラ猫・・・サバ、キジ、茶トラの3種類。

・三毛猫・・・白、黒、茶の3色混ざった毛色。

 

別名で呼ばれていたりもします。

白黒猫で最近人気なのは、額から鼻にかけて八の字模様の「ハチワレ」やサビでは「べっこう猫」、黒猫は「カラス猫」とも呼ばれます。

また模様も様々で

トラのような縞模様は「タビー」と表現され、縞の一部が渦巻いていると「クラシックタビー」と表現されます。

シルバータビーのアメショとサバトラの違いがわからない〜と見分けのつかない子もいたりしますよね。模様が薄い子なんかもいたりしますし。

なんだか奥深い(笑)

海外猫と日本猫って?主な日本猫6種

 

猫に詳しい友達が三毛猫を見かけ、「あ、綺麗なキャリコだね!」と口走った時は「なーに勝手に変な名前つけてんだか・・・hahaha!」なんて笑ってましたが

キャリコって三毛猫のことだったんですよね・・。わずらわしい←

 

そういえば、三毛猫はほぼ10割と言っていいほどメスです。

なので三毛のオスは希少価値の高い猫。

遺伝子の突然変異で生まれた三毛猫のオスは確率的な話でいうと

1/30000なんだとか!

ヲイヲイヲイ!

ただ遺伝子異常で生まれてくるので、繁殖能力もなく、寿命も短いそうです。

ん〜切ない。

 

人気の茶トラも、日本にいる子はほぼオスが多いんです。

三毛猫のオスほどではないにしろ、茶トラのメスも少ないんですよ。

なのでそんな希少価値の高い2匹の猫を見かけると「幸せになれる」だなんて言われてたりします。

まぁ〜なんとも日本人が考えそうな都市伝説的な話(笑)

 

知れば知るほど奥深い日本猫の生態。

あなたはどの日本猫がお好きですか?

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。