エサの分量と回数に注意!猫の肥満について

ふわもこしたまあるいフォルム・・・むちっとしたお腹・・・

たまらなく可愛いですよね!

 

ふわもこ・・・まあるい・・・むちっと?

 

それ、あなたの猫ちゃん・・・肥満じゃありませんか???

 

キャットフードは総合栄養食として1日に与えて良い量が決められています。

「え?毎日きちんと決められた量しかあげてないけど?」

ではおやつはどうでしょう?

 

猫ちゃんは大好きですよね〜〜おやつ。

ちゅーるスキですよね〜

にゃんにゃん〜と甘えられるとついつい・・・とたくさん与えていたりしていませんか?

 

年齢に合わないフードや摂取量がオーバーしたり、過度なおやつは肥満になります。

むちむち〜ぽっちゃりしたフォルムはかわいいのですが、その「かわいい」が当たり前になり気づけば肥満体型・・・になっちゃあおしまいです!

下腹部がたぷついていたり、助骨がわからないようであれば肥満の可能性も。

エサの分量と回数に注意!猫の肥満について

体重をはかる習慣は必ずつけていってほしいです。

ぜひ猫ちゃんと一緒に飼い主さんも健康がてら、日々の体重をつけてみては?

 

肥満になると病気にもなりやすいです。

骨や関節に負担がかかってしまうので走り回ったりする事も減り、1日動かないなんてことにも。

動かない、だけど食欲は減らない、じゃ負のスパイラルです。

 

内臓にも負担がかかるので機能に影響がかかります。

糖尿病や尿結石などの病気に繋がりかねません。

ダイエットフードに変えるだけでも違いは出てきますが、猫ちゃんの食いつきが悪くなったりして違う病気になってしまっても困りますよね。

 

知り合いの猫飼いさんにも、猫がインシュリン注射を毎日打たなくちゃいけない・・・と嘆いておられました。

ちなみに猫ちゃんの体重は?と伺うと、なんと「7kg」!!

甘やかした代償だ〜と後悔されておりました。

エサの分量と回数に注意!猫の肥満について

そうならないためにも、

猫のフード量はしっかり守る!

おやつを多めにあげたらフードを少し減らしてカロリー制限!

運動不足にならないようしっかり向き合って遊んであげる!(上下運動ができる環境を作ってあげると尚良しですね!)

多頭飼いで食欲にバラツキがあれば、部屋をわけてしっかり管理!

食べ終わった後のごはん残量のチェックも忘れずに!

 

これぐらいであれば初めて猫を飼う方でもすぐに実践できますよね!

肥満は大病の元。

 

なんだか人間にも言えることじゃないかなぁ・・・(お腹出てきたかな…;

よし、一緒に遊んで運動しよう・・・!

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。