知らないと怖い!猫にあげてはいけない食べ物とは

寒い季節には、あたたかい飲み物が欲しくなりますね。

そろそろアイスコーヒーはつらい時期。

ホットのカフェオレ。たまにはホットチョコレイトもいいな。

…ん?猫さんも飲みたいですって?もーしかたないなーじゃあちょっとだけお裾分けを…

 

ピピーっ!(ホイッスル)レッドカード!

 

知らないと怖い!猫にあげてはいけない食べ物とは

 

猫にチョコレートを与えるのは厳禁です!

 

某妖怪アニメのジ〇ニャンの好物はチョコ棒ですが、あれは妖怪だから(それ以前に漫画だから)許されること。

実際の猫にチョコレートを与えると、原料のカカオマスに含まれる成分テオブロミンのはたらきにより、中毒症状を起こします。

わずかでも下痢や嘔吐、けいれんなどを起こす可能性があり、板チョコ1枚食べると死に至る危険なものです。

 

知らないと怖い!猫にあげてはいけない食べ物とは

 

同じように、ネギ科の野菜(ネギ、たまねぎ、ニラ、にんにくなど)が含まれる食べ物も厳禁です。

ネギ類に含まれる成分が赤血球を破壊し、深刻な貧血を引き起こす中毒の原因になります。

匂いの強いネギ類をそのまま好んで食べてしまう猫は少ないと思われますが、加熱処理しても成分は残るため、知らずにギョーザやハンバーグ、玉ねぎスープなどを食してしまうケースがあるようです。

 

ぶどうやレーズン、アボカドといった一見無害そうに見える食べ物にも、猫には有毒の成分が含まれています。

いずれも下痢、嘔吐、不整脈、貧血といった症状から、ひどくなると腎臓病や心不全の可能性もあります。どんな食べ物が中毒を起こすのか、猫飼いさんはしっかり調べておくと良いでしょう。

 

知らないと怖い!猫にあげてはいけない食べ物とは

 

それから。

猫の好物であるかつお節やいりこですが、これも実は与え過ぎは禁物です。

なぜかというと、ミネラルが豊富すぎるから。

ミネラル(リン、マグネシウム、カルシウムなど)はもちろん猫にとっても必要な栄養素ですが、キャットフードで必要な分が摂取できている場合、むやみにかつお節を与えると過剰摂取となります。

その結果、尿結石・膀胱炎などおしっこトラブルのもととなるのです。

特に尿トラブルが起こりやすいオス猫は要注意です。

どうしても欲しがる場合は、フードに少量ふりかける程度にとどめましょうね。

(人間用のかつお節は塩分が多いため、猫用かつお節や猫用いりこがおすすめです)

 

猫と人間とではからだの大きさも違う上に、栄養素の分解方法や吸収の仕方などが全く異なる生き物です。

そのうえ、味付けされた人間用の料理はどうしたって塩分が濃いもの。

どんなに猫が欲しがっても、夕飯のおかずのおすそ分けは、やめておいた方が良さそうです…

 

知らないと怖い!猫にあげてはいけない食べ物とは

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。