クラウドファンディング「里親の見つからない猫たちのために保護猫カフェを作りたい。」

公開1週間目で14名の方、計185000円をご支援頂きました。本当に、ありがとうございます。

公開URL:https://readyfor.jp/projects/nekoloog

9月21日までに、200万円以上を集めなければ、全額返金になります。

皆様のご支援を無にしないよう、支援の輪を広げられるよう引き続き頑張ります。

どうかご支援の方、よろしくお願いいたします。

 

 

猫に与えて良い物と食べてはいけない5つの食べ物

以前、猫のごはんのお話をさせていただきましたが、

猫ちゃんのごはんはカリカリのドライ派ですか?

それともウェット派ですか?

 

猫ちゃんの食いつきがいいのはどちらでしょうか?

香りがいいウェットかもしれませんね。

 

ウェットフードは水分を含んでいるので、あまり水を飲んでくれない時には助かりますし、柔らかく食べやすいので子猫やシニア猫向きです。

年代別のウェットがありますので、年齢に応じて与えてください。

ただ、歯石がつきやすいという難点もあるので、歯石や口臭を気にされるのであればドライフードが良しとされています。

状況によってどちらも与えている、という方が大半でしょう。

猫に与えて良い物と食べてはいけない5つの食べ物

 

人間が食べても問題ないのが猫のごはんとしては理想的、といいますよね。

最近では品質重視のフードがたくさん出ており、小麦を使っていないグルテンフリーのキャットフードなんてのもちらほら見かけます。

 

良いものを食べて10年、20年と長生きをしてもらいたい、いつまでも健康でいてほしい。

そんな高品質なフードを「プレミアムフード」と言います。

科学的な保存料や酸化防止剤がほとんど含まれていないので、安心して与えられると積極的に取り入れていらっしゃる方も多いですよね。

ネットでも手に入れられる商品も多々あります。

値段が高いというイメージを持たれがちですが、いつもの予算にほんの少しプラスするだけで大差はほぼありません。

海外、主に欧米諸国では動物愛護の姿勢が日本よりもはるかに進んでおり、ペットフード先進国です。

「国産のほうが安心なんだけどなぁ」と思っていても、海外産も原材料にこだわって作られているものが多いので、一度比較なさってはいかがでしょうか?

猫に与えて良い物と食べてはいけない5つの食べ物

 

ただ、高いごはんだからといって猫ちゃんが好んで食べてくれるかはわかりません。

体に良い新しいごはんに変えたい時は、いつも与えているごはんに少量混ぜながら徐々に新しいごはんにスイッチしていってくださいね。

 

ごはんにはみなさん気をつけられていると思いますが、初めて猫を飼う方や小さいお子さんがいらっしゃる方は、特に注意してほしいものが

「人間の食べ物や飲み物を猫に与えない」というのが鉄則。

成分によっては消化ができず下痢をおこしたり、胃や腸が刺激を受けて嘔吐などしてしまい、最悪の場合死に至る事も。

なので、最低限飼い主さんにできることは猫がうっかり口にすることがないように目に触れない場所に食材は置くようにして下さい。

猫に与えて良い物と食べてはいけない5つの食べ物

危険な食べ物で有名なのが

①ネギ類

②チョコレート

③コーヒー、紅茶、緑茶

④生のイカ、タコ

⑤アルコール類

 

小さいお子さんなどは、良かれと思ってお菓子などを猫ちゃんに与えてしまう危険性がありますから、十分目配せを。

 

また、子猫にはミルクをあげなきゃと牛乳を与えちゃうなんて事もNGです!

下痢をおこしてしまいます。

それだけでも子猫は体力を非常に奪われてしまうので、ちゃんと子猫用のミルクを購入し与えて下さい。

もちろん成猫用のミルクもありますよ〜。

 

健康な猫ちゃんは毛並みもツヤツヤで元気ハツラツ!

長生きしてもらいたいからこそ、飼い主さんにはフード環境を万全にととのえてほしいです!

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。