猫の夜行性と人との生活についてのお話。

まず、猫と言えば単純に夜行性というイメージがありますよね。

でもそれは色々な理由があるからこその生活だったんです。

皆さんは「猫はハンターだから昼間は寝てばかり、夜に活動をし始める。」というイメージで終わってしまっていませんか?

でもそれは色々な仮説があり、現代と昔の関係もあるようです。

 

猫の夜行性と人との生活についてのお話。

 

野良猫チャンの話

 

基本的に野良猫がもっとも活動する時間は、夕暮れと、明け方です。

日が沈むころはネズミなど小動物を狩り、朝には鳥が活動をし出すので、またもやハントの時間。野生的な猫はそんな生活だと言われています。

 

室内飼いの猫チャンの話

 

現在では室内飼いの猫は外に出さないよう言われますよね。これは繁殖し過ぎ、殺処分されてしまう猫を減らしたいためですよね。

それに加えて、飼い猫は人間の生活リズムと同じように昼間に活動するようになり、野良猫は人や車が少なくなる夜に活動する傾向が強いからです。

 

外へも自由に行き来できる猫チャンの話

自由気ままな猫の生活は、夕方どこかへ出かけ、家に戻ったとしても、また夜に家を抜け出して飼い主さんが目覚めるころに帰ってくれば、夜中に活動していたと思われることに繋がりませんか??

それが、猫=夜行性というイメージにしていったと言われています。

 

猫の夜行性と人との生活についてのお話。

 

猫はマイペースで自由奔放ですが、人と一緒に暮らすうちに、人と同じような生活リズムで暮らせるようになるそうです。

例えば、毎日ご飯がもらえる生活なので狩りをする必要がないため、夜に活動する必要が無くなります。飼い主がさんが起きている時間でないとご飯がもらえないし、構ってもらえないということも理解するでしょう。

夜型の生活をする猫も、朝起きて、夜は寝ているということを繰り返して、人との生活が当たり前になってくるそうです。

 

こう言った説を、挙げてみると猫はとても柔軟性のある動物だったんですね。

そう思うと皆さんの飼ってる猫に対しても、「夜中のドタバタ運動会も許してあげようかな。」と思ってきませんか?笑

それぞれの猫の生活パターンを理解してあげた上での生活をしていけたらいいものですね。

 

只今支援物資とご寄付を募っております、お送り頂ける方は下記の住所までお願いいたします!

送っていただける方にAmazonほしいものリストもあります

〒115-0042 東京都北区志茂4-11-9 1F 猫カフェGOMA宛

Tel:03-6667-5386

メール info@nekoloog.com

口座も教えて欲しいとお伝えいただいたので表示させていただきます🙇‍♂️

三菱UFJ銀行 赤羽支店

店番178

番号 0340858

ネコカフェゴマ

頂いたご寄付は猫たちへ大切に活用させて頂きますm(_ _)m

下記オンラインショップからも寄付が出来ます!

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。