肉球の種類は意外と多い。猫の肉球の色とその役割

 猫の手相?占い?猫の肉球の秘密!

 前回に続きです。肉球は飽きない、飽きないです。。
猫の肉球占いは好評でしたのでPart2です。猫ちゃんが居る方は是非試してみてください。

ねこ飼いさんに多い「肉球フェチ」。あのプニプニした感触、かわいい見た目。トリコになってしまいますよね。

・肉球の色のこと


肉球の色は、猫さんの毛の色素によって分かれているそうです。

白、クリーム、赤茶など薄い色の猫→ピンク

黒、グレー、濃い茶など濃い色の猫→黒

三毛など、毛色がミックスの猫→肉球もブチ

これは100%このように分類される訳ではないようです。黒猫でも、ピンクの肉球の猫さんもいますよね。

うちの猫たちはモノクロなので、みんな肉球も黒です。

肉球の種類は意外と多い。猫の肉球の色とその役割


・肉球の種類


肉球にも種類があります。

〇前足

真ん中にある大きい肉球は、「掌球」(しょうきゅう)といいます。人間でいうと、手のひらといった感じでしょうか。

この「掌球」のまわりについている、5つの小さな肉球は「指球」(しきゅう)と言います。指を守るようについていて、刺激が加わったときにしっかり分散することができるようになっています。

これらの肉球とは離れた場所についている肉球は、「手根球」(しゅこんきゅう)です。他の肉球よりも硬くて小さいですね。

〇後ろ足

真ん中にある大きい肉球は、「足底球」(そくていきゅう)といいます。

この「足底球」のまわりについている小さい肉球は、「趾球」(しきゅう)といい、前足と違って4つしかありません。

肉球の種類は意外と多い。猫の肉球の色とその役割

 

 

・肉球には、何が詰まっているの?

プニプニした肉球。何が詰まっているのか気になりませんか?

肉球は丈夫な外側の部分と、柔らかい内側の部分で構成されています。外側は「角質層」と呼ばれるもので、非常に厚くなっています。
この角質層の内側には、弾性繊維という弾力性のある繊維があります。
この繊維には脂肪が含まれていて、プニプニが構成されているのです。
肉球の種類は意外と多い。猫の肉球の色とその役割
この幸せそうな顔・・♥

前回でもらいおん丸の出てきましたが、とてもお気に入りの写真です。。

・肉球のにおい

肉球って、いい匂いがしますよね。お日様のにおいというか、ポップコーンのにおいのような?

フェリシモという通販で、猫の肉球のにおいがするハンドクリームが販売され、ねこ飼いさん達に大人気となっています。

 

 

・触りたい!けど・・・

かわいい肉球をついつい触りたくなってしまいます。

でも猫さんは、あまり触ってほしくないみたいです。肉球にはたくさんの神経が通っていて、とても敏感な部分なんです。

初めて見るものなどを、触って安全かどうか確認したりする所なので、デリケートなのですね。

また、高いところから飛び降りるときにクッションの役目をしたり、滑り止めの役目があるので、猫さんにとってとても大切な部分なのです。

ご機嫌なときに、そーっと触らせてもらいましょう。

触らせてくれると、心を許してくれてるみたいで、うれしくなってしまいますね。


肉球の種類は意外と多い。猫の肉球の色とその役割

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。