猫の寝相で分かる猫の気持ち!どうしてそうなった?

日々、寒い日が続きますね。合わせる服が難しい時期です。

そんな人間の事情など興味無いとばかりに、ぬくぬくしたお家のなかで気持ちよさそうにして寝ている猫さんたち。

なかにはアクロバティックに「どうしてそうなった」という寝相で寝ているのを見かけます。

(そんな時に限ってスマホを携帯していないため画像がないのが悔やまれます)

 

多頭飼いをされている飼い主さん達には御馴染みの、よく見かける光景はこちら。

 

猫の寝相で分かる猫の気持ち!どうしてそうなった?

 

シンクロ率82%といったところでしょうか。

ごまちゃん、足をピンとしてくれたら完璧なのですが。

 

【寝相と猫】

どこで寝ているか、どんな風に寝ているかで飼い主に対する信頼度が分かるといいますが、付け加えて「室温」と「環境」も関係しているのを御存知でしょうか?

個体差があるので一概には言えませんが、18℃~27℃が適温とされています。

ころころ気持ちよさそうに眠っていればそのくらいの温度なんだな、と思ってください。

また、お腹を見せて前足をバンザイしている姿は家猫ならではの寝相です。

ここには外敵がいません」という意味で、急所であるお腹をさらけ出す野生のかけらも感じない寝方ではありますが、それだけ飼い主と一緒の空間を安全と認識しているからだと思いましょう。

 

◎お腹を見せた魚の開きみたいな寝相

完全に安心しきっています。外敵もなければ室温も最適、もしくは暑いくらい。

足まで伸ばしきっていれば、それは飼い主への信頼の証です。

この時、手でお腹に噛みつくイメージでパクッと触ってみてください。

これでも寝相を変えずかつ起きることもなければ、信頼度がMAXなんだなとニマニマしても大丈夫です。

 

◎座って寝る寝相

猫の寝相で分かる猫の気持ち!どうしてそうなった?

 

香箱座りに似ていますが、こちらは前足がちょこんと地面についている状態です。

これは「いつでも動けます」という意味なので、かなり警戒しています。

遠くから見た野良猫さんたちは、この寝相の子が多いと思います。

普段はいろいろ広がった状態で寝ている子も、窓の外を警戒中にお日様の陽気に当てられて寝落ちしたときや、部屋に普段とは違う物や人がいたときは、この寝方をしています。

こんなときにちょっかいを出すと引っかかれるので、気を付けてくださいね。

 

◎横になり足を伸ばしている寝相

 

猫の寝相で分かる猫の気持ち!どうしてそうなった?

 

魚の開き寝同様、安心しきっている寝方です。

少し違うのが室温の適度さで、この場合は適温で快適ですという意味です。

人間だとこの寝相は「夢を追いかける」「何事もいい結果が得られると信じている」タイプで、寝起きがスッキリしているらしいです。

さて、ごまちゃんも夢の中で何かに挑戦しようと思っているのでしょうか。

 

【多頭飼いの寝相】

猫の寝相で分かる猫の気持ち!どうしてそうなった?

 

全く一緒の寝相で並んでいる心理や意味は、実はまだ解明されていないみたいです。

ただ、一緒に住んでいて同じ時間に同じ場所で毎日お昼寝しているのであれば、寝相が似てくるのかなと思います。

あるいは、猫同士お互いの気持ちが分かっていてシンクロ寝に繋がるのかもしれません。

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。