知ってた?猫の爪研ぎ理由は1つじゃなかった!そしてその対処法。

理由その1  鋭い爪の維持

これは皆さんも知っていると思いますが、猫はその昔から狩りをして生きて来た動物です。

知ってた?猫の爪研ぎ理由は1つじゃなかった!そしてその対処法。

そのために、強く地面を掴んで蹴るための脚と得物を確実に捕まえる手はとても大切なものでした。

理由その2  マーキング

肉球には臭腺があることを知っていましたか?猫たちは自分の縄張りを主張するために、爪跡を付けます。

それと同時に肉球の臭腺から臭いをすり着けていたのです。高い位置まで爪跡と臭いを付け縄張り争いをしていたのだそうです。

 

理由その3  気分転換、気持ちを落ち着ける

一言で言えば、ストレス解消というところでしょうか。寝起きに爪をバリバリ、知らない人を見るとまたバリバリ。自分をコントロールするための大切な行動だそうです。

 

理由その4  自己アピール

飼い主さんに構って欲しい。ここにいると伝えたい。そんな時にもバリバリしてみるそうです。でもそんなバリバリに困っている飼い主さんは沢山いますよね。

猫は生まれてから約2ヶ月たった赤ちゃんの頃から、爪を研ぎ出します。しかし、猫に爪研ぎされては困る場所や、床や壁、物はちゃんと守っていたいので、上手く爪研ぎを教えてあげるならこのくらいの時期がいいのかもしれません。

知ってた?猫の爪研ぎ理由は1つじゃなかった!そしてその対処法。

まずは爪を研いで良い場所、物(爪研ぎ用のグッズ)を教えてあげます。猫たちの手をそこへ持っていきバリバリの練習をします。

上手に出来たらたくさん褒めてあげましょう。この時注意したいのは、叱り方です。

大声を出したり、叩いたりしても意味はありません。バリバリしていたら、爪研ぎをしていい場所まで連れて行ってあげましょう。マタタビや猫の好きなおやつなどを使うのもいいですね。

 

他にはこちらからも守る方法もありますね。かべの防護シートや忌非スプレーなど。柑橘系の香りは苦手なようです。しかしやり過ぎは禁物、猫の嫌いな部屋になっては可哀想ですもんね。

あと、私も知らなかったのが「ネイルキャップ」というもの。海外では普及しているそうですが、日本ではあまり見かけませんね。

ネイルキャップとは、その名前の通りゴム製のキャップを猫爪の上に接着剤で装着するものです。

しかしこちらも1ヶ月から1ヶ月半程で取れたり剥げたりしてしまうようです。

 

爪研ぎには悩まされますが、どうしても行なってしまう猫の本能です。飼い主さんも猫も出来るだけストレスにならないよう色々試してみて、解決作を見つけましょう。

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。