猫さんの体はなぜ柔らかいの?理由を書いてみた!

年々秋と冬との境目が無くなりつつありますね。

毎日の洋服のコーディネートや部屋の暖房器具を出す出さないの脳内討論を繰り広げています。

 この時期になると「猫はこたつで丸くなる」というフレーズが頭をよぎりますが、

 

室内でぬくぬくと育った家猫さんはあんな暑い所で丸まったりしません。

ぐで~、と伸びる限り身体を伸ばしているか、

頭だけ出してこたつに入っているかのどちらかをよく見かけます。

ちなみに外中兼用で育って半野生化している子は、警戒心が強いため香箱座りの前足出しバージョンで寝ていることが多いです。

 

【猫の身体の不思議】

ところで、猫ってなぜあんなに柔らかいのでしょうか。

人間が約200個の骨格で構造されているのに対し、猫の骨格は約240個もあります。

さらに関節と関節の間がとても広いため、人間には不可能な動きを可能にしているのです。

寝落ちの姿や隙間に入っていくとき、狭い所にいるときに見かけるアクロバティックでSNS映えする姿は、こんな骨事情があったからですね。

 

◎天高く足を上げて

 

猫さんの体はなぜ柔らかいの?理由を書いてみた!

一部の特殊な訓練を受けた人なら同じポーズも出来そうですが、一般人ではまず無理な体勢でも彼らは易々とやってみせます。

特に背中は、脊椎(背骨)がどの方向にも曲がるためとそれに伴い内蔵が自由に移動できるからです。

なので、あんちゃんみたいなポーズで毛づくろいをすることができるのです!

◎箱入り

 

猫さんの体はなぜ柔らかいの?理由を書いてみた!

こんな狭いところで、首が痛そうになっていても気にせず寝ます。

むしろ「狭い」「暗い」「通気性がいい」の三拍子揃ったお得物件だと思っているかもしれません。

 

◎信頼+暑い+柔らかい=この結果

 

猫さんの体はなぜ柔らかいの?理由を書いてみた!

「どうしてその寝相にしようとした」とごまちゃんに問い詰めたいですね。

大事なお腹は見せるわ、手足は伸びているわ、身体に妙なひねりが入っているわで、

大変面白い事態になっています。(笑)

 

一言で「身体が柔らかい」といっても、寝ている仕草だけでこんなにも種類があります。

一つ注意していただきたいのは、全て猫たちが勝手に伸びていっているのであり、

間違っても無理やり伸ばそうとしないで欲しいのです。

強要されるのを嫌う生き物なので、引っかかれたり今まで築いてきた信頼関係を壊しかねません。

ゆったりのんびりとした気持ちで、見守ってあげてください。

猫さんの体はなぜ柔らかいの?理由を書いてみた!

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。