猫のひげは生きていくためにある

幸運を呼ぶ?金運アップ?猫のひげについて

前回に続いてです。

とっても大事。猫のひげは生きていくためにある

猫のひげを近くで見たことはありますか?わりと沢山生えていて立派なものです。

この立派なひげは触毛と言ってとっても大事なのですが、ひげは皆さんが思っている以上に深い理由があるんです。

猫のひげのしくみ

猫のひげは小さなもの細いものを含めて、約50~60本あります。目の上、頬骨、鼻の横、あご、とたくさんに分かれ、アンテナやセンサーの役割をしています。

また、ひげには神経が通っていて、根元には液の入った袋のようなものにつながっています。

では、猫のひげの役割について、4つに分けてお話します。

その1 平衡感覚

猫のひげは左右に分かれ体を均衡にたもつようにできています。

いたずらに切ってしまった結果、猫はうずくまり、しばらくは上手に動けなくなったなんて話もあるくらいなんです。

猫のひげは生きていくためにある

その2 目を守る

顔中に生えるたくさんのひげは、くるくる大きな目を守ってくれています。人も同じように目にはまつげが生えていますよね。猫ほどではないですが、まつげと同じように繊細な目をほこりなどから守ってくれています。

その3 空気を感じる、センサー

猫は狭い空間をするりと抜けてしなやかに動くことができます。それもこのセンサーであるひげのおかげなんです。そして夜行性であるために、暗闇で空気や風を感じ、自由に行動することができます。

その4 精神状態をあらわしている

猫のひげがピーンと立ったりしているのを見たことがありますか?これは緊張や興奮状態をあらわしています。他にも下向きになっていたらリラックスをしている状態だそう。

年齢を重ねて老猫になると抜けたり、短くなったりはしますが、基本的に抜けると新しく生えてきます。しかし、まだ若い猫のひげが抜けたりしていれば体調に気をつけてあげて下さい。

このように猫のひげが猫自身の体を保っているのが分かってもらえたかと思います。いたずらで切ったり抜いたりしてはダメなんです。若い猫のひげが健康以前に、猫のひげが大きな役割をしていることを皆さん知っていてあげましょう。

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。