痛いけどかわいい!猫の甘噛みが痛い時の効果的な対処法

猫の「噛み癖」で悩んでいる方は多いようです。

 

うちの猫たちは幸い、ひどく噛んでくることはありませんが、甘噛みレベルがエキサイトしてちょっと痛いことも・・・。

 

・なんで噛むのか

 

猫は元来狩猟動物なので、獲物を追って生活していた動物です。

目の前で動くものやいい匂いのするものに、ひっかいたり、噛みついたりしてしまうのです。

本能的なものといっても、全く噛みついたりひっかいたりしない猫もいます。もともと穏やかな猫同士の子猫に多く、まれなケースです。

 

ほとんどの猫さんは多かれ少なかれ噛み癖をもっていますので、「うちの子は噛み癖がある」とあまり心配しなくても大丈夫です。

 

痛いけどかわいい!猫の甘噛みが痛い時の効果的な対処法

 

・噛み方に注意

 

噛むといっても、遊んでいるとき等に獲物をねらって噛むという本能的な行動の他に、触られて反射的に噛みついてきたりする意識的な噛み癖もあります。

このケースの原因として考えられるのは、じゃれて噛みついた際のニンゲンの反応や対応が要因となっていることが多く、噛みつけば思い通りになる、または構ってもらえると猫が覚えてしまっているということがあります。

 

噛まれてもリアクションせず、無視するか遊びを中断してしまうようにしましょう。

特に子猫のうちは、ニンゲンの手をおもちゃ替わりにするのは厳禁です!

 

・対処法は?

 

一番大切なのは、猫さんに「わかってもらうこと」です。

子猫のうちから多頭飼いをしていると、親猫や先輩猫の教育的指導を受けて「どこまでが甘噛みか」「噛まれたらどのくらい痛いか」を理解している猫が多いです。

しかし、そうでない場合、ニンゲンが噛んで教えるわけにもいきませんので、「噛むと嫌なことがある」と思ってもらいましょう!

 

前述のように、遊んでいる最中に噛んでしまうと遊びをストップしてしまうのも有効です。

または、噛まれたときに嫌な音を鳴らす、嫌な臭いをさせるなどの方法もありますが、噛まれてすぐ実行しなければ意味がありませんので注意しましょう。

大声を出すのも良くありません。嫌われてしまって終わり、というケースもあります。

 

猫さんが嫌がるミントや柑橘系のにおいがするグッズもありますので、探してみましょう。

痛いけどかわいい!猫の甘噛みが痛い時の効果的な対処法

 

噛まれたらイタイんだよー、ということを、根気よく教えてわかってもらいましょう。

子猫のうち噛んでいても、大人になったらまったく噛まなくなる子もいますので、あきらめずがんばりましょう!

 

痛いけどかわいい!猫の甘噛みが痛い時の効果的な対処法

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。