猫を抱っこ好きにする方法と上手な抱っこの仕方

可愛い猫を抱っこしたいのに、嫌がってさせてくれない。すぐに逃げてしまうなど、今回はそんな猫の心理と接し方をお話ししますね。

猫は抱っこが嫌いなの?

猫からはすり寄ってきてくれても、こっちから抱っこはさせてくれない。猫は気分屋というくらいですから仕方がないのでしょうか?では、どうして猫が抱っこを嫌がるのか挙げてみますね。

猫を抱っこ好きにする方法と上手な抱っこの仕方

 

・無理矢理抱っこすることがある

猫を可愛がりたいのは分かりますが、嫌がる猫を無理矢理抱っこしようとしては逆効果です。抱っこに慣れていない猫なら尚更嫌いになってしまうでしょう。

・嫌な経験(トラウマ)がある

抱っこされるとにシャンプーへ連れて行かれる。抱っこして落としてしまった。など過去に「抱っこ=嫌なこと」だと刷り込まれているのかもしれません。

・苦手な匂いがする

猫の苦手な匂いに、タバコ、香水、柑橘類の匂いなどがあります。抱っこされる相手から苦手な匂いがしたら人間でも嫌ですよね。

・抱っこが不安定

猫は不安定な体勢で抱っこされると嫌がります。しっかりと支えて不安にならないようにしてあげないといけません。

猫ちゃんを抱っこしたいなら?

まずは自分から抱っこしに行くのではなく、向こうからこちらへ近づいてくるのを待ちましょう。リラックスしている状態が大事です。

出来れば子猫のうちから抱っこすることに慣れさせてあげるのが良いです。

生後3週〜7周くらいから子猫たちは他者との関わりを持ち、

適応能力を身に付ける時期になります。そのうちに抱っこに慣れさせておくと大人になっても抱っこ出来る確率が高いです。

猫を抱っこ好きにする方法と上手な抱っこの仕方

正しい抱っこをしてあげよう!

まず、猫がリラックスしている状態から始めることです。

脇から手を入れてゆっくりと持ち上げ、体に密着させるように、しっかりとお尻を支えてあげましょう。

床に座っているより、椅子に座っている時によく膝に乗ってきたりはしませんか?それは膝が安定している場所だからです。人間の赤ちゃんと同じようにしっかりと抱いてあげて下さい。

抱っこさせてくれないのは悲しいですが、抱っこ出来るようになるまでは時間がかかると思います。

少し根気がいるものですね。しかし、抱っこもコミュニケーションの1つで、愛情表現だということを知ってくれるといいですね。可愛い猫ちゃんをモフモフ抱っこ出来るように色々工夫してみてくださいね。

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。