クラウドファンディング「里親の見つからない猫たちのために保護猫カフェを作りたい。」

公開1週間目で14名の方、計185000円をご支援頂きました。本当に、ありがとうございます。

公開URL:https://readyfor.jp/projects/nekoloog

9月21日までに、200万円以上を集めなければ、全額返金になります。

皆様のご支援を無にしないよう、支援の輪を広げられるよう引き続き頑張ります。

どうかご支援の方、よろしくお願いいたします。

 

 

服が毛だらけに!猫の抜け毛をお金をかけずに対策する4つの方法

 

部屋の隅で何かが動いた!?と思ったら、綿ぼこりでしたということはありませんか。

 

さらに、よく見てみると綿ぼこりの色にシマシマ模様があったりしませんか。

いわゆる「抜け毛毛玉」が発生している証拠です。

 

 

服が毛だらけに!猫の抜け毛をお金をかけずに対策する4つの方法


一般的に、春すぎと秋に始まる猫さん方の抜け毛ですが、実は家猫に時期は関係ないのです!

 

毎日毎日、温度調整が適度にされている室内で居たら、気温によって毛を生え変わらせる必要がないからですね。

なので、一年中抜け毛のシーズンだと言ってしまっても過言ではありません。

 

 

【洗濯物についた猫の毛】

 

いろんな対策がありますが、メジャーなのをいくつか挙げていってみます。

 

◎定番 ガムテープ&コロコロでくっつけて撃退

 

殆どの方が実践しているオーソドックスなやり方です。

コロコロは、使い勝手の良さとすぐ取り出せる利便がありますが、猫が新しいおもちゃと勘違いして跳びついてくる危険があります。

ガムテープは、コロコロよりも粘着性に優れているため、より多くの毛を取ることが出来る一方で、ごみが大量に出てしまいます。

 

ただ、両方とも粘着で抜け毛を取るため、衣類の生地を傷めかねません。

なので頻繁にするのは、あまりオススメ出来ません。

 

◎意外とマイナー? エチケットブラシでサッとひとなで

 

今回は100円ショップでもよく置いてあるタイプの、布みたいな繊維を一方向になでるやつです。

ジーンズやTシャツなら、テープ系より良く取れます。

ですがこの時期に良く着るニットやフリースだと、静電気が発生してしまいかなり取り辛くなります。

 

 

◎潔く諦める

 

毛が付くのは仕方がない。何回やっても振り出しに戻ってしまう。面倒。

そんな方はきっとこの選択をされているかと思います。

気持ちは分からなくもありませんが、もう少し頑張ってみてはいかがでしょうか。

 

 

◎劇的 手でなでる

 

この中では一番簡単且つお金がかからず、今すぐにでもできることです。

やり方は簡単。まず手を濡らしてきます。

 

服が毛だらけに!猫の抜け毛をお金をかけずに対策する4つの方法

※画像は猫の手ですが人の手でやりましょう。

次に濡らした手で衣類をなでていきます。最後に手を洗って、おしまいです。

 

衣類がビチャビチャになるほど、濡らす必要はありません。

注意としては、手洗い場の排水溝が詰まらないように気を付けてくださいね。

 

それぞれの方法で下処理をした後で洗濯機に入れると、ある程度は綺麗に落ちています。

念押しで、洗濯物が乾いたらぱたぱたと振ると、奥に詰まっていた毛も取れるかと思います。

服が毛だらけに!猫の抜け毛をお金をかけずに対策する4つの方法
 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。