クラウドファンディング「里親の見つからない猫たちのために保護猫カフェを作りたい。」

公開1週間目で14名の方、計185000円をご支援頂きました。本当に、ありがとうございます。

公開URL:https://readyfor.jp/projects/nekoloog

9月21日までに、200万円以上を集めなければ、全額返金になります。

皆様のご支援を無にしないよう、支援の輪を広げられるよう引き続き頑張ります。

どうかご支援の方、よろしくお願いいたします。

 

 

猫が腕枕で寝る理由とは?飼い主の腕に顔を乗せる心理

きっと、たぶん、おそらく。
彼は勘違いをしているのでしょう。


猫が腕枕で寝る理由とは?飼い主の腕に顔を乗せる心理

顎の下にあるのが心地の良い且つ適度に暖かい『枕』だと。


しかしながら、何かしらの意味が無いかと調べてみると、一応理由があってやっていることだと分かりました。


よかった、ちゃんと愛情がある行為なのですね。

 

 

◎お猫様腕枕事情~安全地帯~

飼い主の腕枕で寝てくれるのは、実はかなり信頼度が高いとやってくれません。

ごろごろ喉を鳴らし、撫でろ!と言わんばかりにすり寄ってきたとき、顎の下をさすってあげると喜びますよね。


猫にとっては敏感な場所と同時に、お腹同様『急所』でもあります。

つまり、危険なところや敵がいるところでは曝け出さない部分なのです。

ということは、安心安全な寝床認定をされているために、急所の顎を飼い主の腕にのせてすぴかすぴかと寝入るそうです。

 

 

◎お猫様腕枕事情~縄張り~

猫の顎下には臭腺があり、そこからフェロモンを出していると言われています。

縄張りや所有権を主張するときに、対象物の上に顎をのせて匂いをつけているのですね。

「お前のものは俺のもの、俺のものは俺のもの」的な思考で、知らないうちにマーキングをされていたということです。

 

 

◎お猫様腕枕事情~愛情~

猫が腕枕で寝る理由とは?飼い主の腕に顔を乗せる心理

 

飼い主に匂いをつける行為は、もう一つ理由があります。

それが『親愛の意味を込めた挨拶』なのです。


猫同士で頭をすりつけて「やぁ」と言っているのと、行動としては同じです。

異なるのが「大好き(※飼い主側の勝手な妄想アテレコ)」と言われていることです。


えぇ。決して媚びを売っておけば後々美味しいものを寄越すだろう、と擦れた考えのもと「大好き(※営業用)」と言われているわけではないと信じたいです。

 

 

◎お猫様腕枕事情~母親のぬくもり~

 

特に貰い家猫さんに多い傾向ですが、幼いころに独り立ちをする前に母猫と別れた子は、母のぬくもりを求めて飼い主のほうへやってきます。

毛布をちゅぱちゅぱしたり、一緒の布団に潜り込んだり、甘えた声で鳴いたりしますが、腕枕もそのうちの一つです。


母猫と眠る子猫は、包まれるようにして寝ていますよね。


 

猫が腕枕で寝る理由とは?飼い主の腕に顔を乗せる心理

あの感覚が忘れられなくて、腕の中へ入って甘えてくるのです。

 

 

こんなときは、そっと見守りながらグルーミングの真似事をしてあげれば完璧です。

猫が腕枕で寝る理由とは?飼い主の腕に顔を乗せる心理
 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。