ペットホテルに猫を預けるときの、お店の見分け方と利用方法

 

ハロウィーンも終わり、クリスマスがすぐ目の前ですね。

そして年末年始に、どこに行こうか?計画を始める方も多いようです。

 

猫と一緒にまったり寝正月・・・もいいですね!

 

ペットホテルに猫を預けるときの、お店の見分け方と利用方法

 

 

・長期で家を空けられない

 

猫飼いさんに多い悩み、それは「長期で家を空けられない」ということですよね。

年末年始、ふるさとに帰省したい、海外旅行に出かけたい。でも、猫さんが心配で留守にできません。

ワンちゃんは、外出好きなので一緒にお出かけ、というパターンもありですが、猫はなかなかそうはいきません。

 

猫は「家につく」と言われます。猫さんそれぞれの性格にもよりますが、外出が嫌いな猫さんが多いのも事実です。無理に連れ出すのも、かわいそうな気がしますよね。

 

ペットホテルに猫を預けるときの、お店の見分け方と利用方法

 

・やむをえない時もある

 

旅行など、ニンゲン都合のみの場合は何とかなることもありますが、回避できない理由で、猫を預けなければならない場合もあります。

災害や、住んでる家のトラブルなどで、一時的に家を空けなければならないこともあるのです。

そんな時、知人や家族が預かってくれれば良いですが、そうもいかない場合どうしますか?

 

ペットホテル?預けたことがなければとても心配ですよね。

 

・ペットホテルに預けるには

 

ペットホテルに預かってもらう際に、予防接種の証明書の提示が必要です。

中には、証明書のチェックをしない所もあるのですが、そういう施設は、「ワクチンを打っていない動物」が預けられている可能性があるので、リスクもあります。

また、ペットショップなどが経営しているホテルは、夜間スタッフさんが不在にするところが多く、
シニアの猫さんは「何かあったときに責任が取れない」ため、預かり不可の所もあるようです。

 

シニアでなくても、ちょっと不安になってしまいますね。

そんな時は、普段かかりつけの動物病院で預かりサービスがないか、聞いてみるのもいいでしょう。

持病のある猫さんの場合は特に、獣医さんのいる病院は安心感がありますね。

 

 

・下見がおすすめ

 

ペットホテルによっては、ワンちゃんと同じスペースで預けられる所もあります。

ワンちゃんも、夜はさみしくなって吠えてしまったりするでしょうから、これは猫さんにとってはかなりのストレスでしょう。

 

すぐ隣のケージで、知らない動物がずっと吠えていたら、絶対に眠れませんよね。

ワンちゃんと猫さんを別の部屋にしてくれるホテルもあります。それ以外にも、
衛星環境やケア状態などを確認するために、預ける前に一度下見をしておくのがおすすめです。

 

うちは預けることはない!と思っていても、何があるかわかりませんので、念のため、有事の際の預け先を検討しておくといいですね。

 

ペットホテルに猫を預けるときの、お店の見分け方と利用方法

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。