猫のおやつの人気とおすすめ!猫が喜ぶおやつのベストなあげ方

みなさん、「おやつ」はすきですか?

…嫌い、という人はなかなか少ないように思います;

はい、私もおやつの時間は大好きです!!

 

ペットショップのキャットフードのコーナーには、猫のおやつも売られていますよね。

たくさんあって、どれも美味しそう。目移りしちゃいます…

 

猫のおやつの人気とおすすめ!猫が喜ぶおやつのベストなあげ方

 

 

おやつは大きく分けて「ウエット系」「スープ系」「カリカリ系」などの種類があります。

 

ウエット系のおやつの代表は「チャオ 焼きかつお」「焼きささみ」など。

パウチされたふっくら柔らかいかつおやささみがスティック状になっています。

 

そのままかじらせても、ほぐして与えてもOK。

ほどよい水分と香り、そして肉感があるので食べごたえ十分!

フレーバーもかつお味やほたて、しらす、とりのだしなど選べます。

 

「スープ系」では、いなばフーズの「チャオ ちゅ~る」が一番人気ではないでしょうか。

 

液状になっているのでフードにかけて味を変えたり、
そのままちゅーちゅーぺろぺろとなめたり、いろいろ楽しめますね。

フレーバーの種類が豊富なのにもびっくりです。

 

定番のまぐろやかつお、ほたて、ささみなどから、サーモン&ささみ、いわし&まぐろ、ささみ&甘えび、さらには黒毛和牛まで⁈

 

毛玉や下部尿路疾患に配慮したものや、乳酸菌配合のものまであるんですね。

子猫用からシニア用まで、ライフステージに応じたものも選べるようになっています。

 

 

猫のおやつの人気とおすすめ!猫が喜ぶおやつのベストなあげ方

 

「カリカリ系」おやつは、一般食のドライフードとして売られている「シーバデュオ」や、
「モンプチ クリスピーキッス」などのように完全におやつとして小分けされたものなんかが人気です。

また「グリニーズ」のように、噛むことで歯石が取れ、
歯磨きの代わりになる…というものもあります。効果の程度は謎ですが、やってみる価値はありますね。

 

原材料も自然由来のものばかりで、安心です。

 

その他、猫用の減塩にぼしや、フリーズドライのささみ、かつお節のかわりに鶏肉をけずった「とりけずり」、
カニカマ風味のスライスなど…猫のおやつはバラエティ豊か♪

市販のおやつは着色料や合成保存料などがどうしても気になってしまうという方は、

ご家庭で生の鶏ささみを味つけなしで茹でて、そのままほぐしてあげるのも良いでしょう。

(ただしささみにはリンが多く含まれるので、
腎臓が悪い猫は要注意。胸肉の方が良いかもしれませんね)

 

おやつをあげる最大の目的、それは「猫とのコミュニケーションを図る」ためです。

何かの記念日、シャンプーやお留守番などを頑張ってくれたご褒美、食欲不振の際のフードのトッピングなど、
飼い主の「だいすき」の気持ちを猫に伝える大切な手段のひとつといえるでしょう。

 

そのため、いくらおやつを喜ぶからといって、
ねだられるまま毎日のように欲しがるだけ与えるというスタンスはやめましょう!

たくさんあげすぎると主食のフードを食べなくなり栄養バランスが崩れたり、肥満のもとになったりします。

 

たまにしか味わえない「特別」だからこそ美味しい…それがおやつの魅力。

 

おいしいおやつで、猫も人もリラックスできる時間を過ごせるとよいですね。

 

猫のおやつの人気とおすすめ!猫が喜ぶおやつのベストなあげ方

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。