猫のお昼ごはんを作ろう

美味しいご飯のためなら、エンヤコラショ。

以前少しご紹介した「猫様の手作りごはん」ですが、今回も引き続きレシピをお伝えします。

前回はこちら!猫のための手作りごはん!おすすめレシピ3選&作り方と注意点

 

【愛情たっぷりのごはんを食べましょう】

 

まず知っておいて欲しいのが、絶対に食べさせてはいけない食材があることです。

ものによっては最悪な事態となってしまうため、必ず確認してください。

 

猫のお昼ごはんを作ろう

 

◎玉ねぎ、ネギ、ニラ

 

玉ねぎに含まれる硫化アリルやアリルプロピルジスルファイドなどの成分が、赤血球を破壊。

そのため、胃腸障害や、血尿、衰弱、心拍の増加により、長く不調が続くことがあります。

そのまま生で食べるのはもちろん、調理をしても毒素は消えません。

 

また、加工品(粉末スープ)などのエキスが出ているだけでも危険なため、食べたことが分かった場合は、すぐに病院へ連れて行ってください。

 

◎チョコレート

 

カカオの香り成分であるデオブロミンが、不整脈、口の渇き、痙攣、発作、嘔吐などを引き起こします。

特に、カカオ含有量の高いビターチョコほど危険で、チョコレートを含むお菓子でも症状が出るため、猫の近くで食べるときは十分気を付けてください。

 

◎アボカド

 

アボカドに含まれる成分のひとつであるペルジンが毒になります。

果実はもちろん、葉、種子、樹皮にも含まれているため、むいた皮も大変危険です。

食べると、嘔吐下痢や最悪死に至るうえ、全ての小動物にとってとても毒素の強い食べ物なので、厳重な注意が必要です。

 

これらに気を付けながら今回はクッキーを調理をしていきましょう。

 

【身体に優しいお菓子作り】

調理レベル ★★★★★

 

材料    卵白  1個

      おから 20g

      小麦粉 20g

      いりこ 適量

 

調理    ①いりこは小さく刻む

      ②卵白をツノが立つまで泡立てる

      ③②におから・小麦粉・①を入れて、よく混ぜる

      ④型をぬいてオーブンで焼く

 

注意    いりこはペット用を使ってください

 

猫のお昼ごはんを作ろう

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。