意外と多い?猫の毛色と模様!最も多い白黒猫について

猫の毛色は様々あります。

猫飼いさん達ともよく話題に上がるのですが、

私はサビ!」「私は黒猫!」「私はもちろん茶トラ一筋!」と

結局は自分の愛猫のカラーを愛してしまうのですが

今回はごまちゃんが主役!!!の「バイカラー」を紹介していきます!

 

意外と多い?猫の毛色と模様!最も多い白黒猫について

そうだよ、ごまちゃん。

まず、バイカラーとは2色の毛色で構成された毛柄のことで、

模様のない1色と白の組み合わせがほとんどです。

ごまちゃんでいえば、黒×白のバイカラーですね。

圧倒的に多い毛色です。

毛色を1色にする遺伝子に、毛色を白くする遺伝子が働きさまざまな毛色を生み出します。

 

基本的な毛色として、黒・グレークリームの4色と白との組み合わせで構成されます。

また、白の毛色は親の遺伝で受け継がれる事も特徴。

親猫がバイカラーなら子猫もバイカラーで生まれる確率が高いのです。

もしかするとごまちゃんのネコママはバイカラーだったかもしれませんね!

白の現れ方も兄弟によって似てきますが、バラバラになるのは別の先祖の遺伝を受け継いでいる可能性もあります。

 

う〜ん、なんとも奥深い。

 

意外と多い?猫の毛色と模様!最も多い白黒猫について

1番多い黒×白のバイカラーは黒の出る部分によっていろいろ変わっておもしろいです。

人気のハチワレを筆頭に、顔全体が真っ黒で顎だけが白かったり、顔全体が白いのに眉部分だけ黒いなんちゃってマロ模様だったり。

中には「それパッツン前髪やん!」的な子もいたりします。

足先が白いと「ソックス」お腹だけ白いと「タキシード」と呼ばれます。

なんとも豊富な総称ですが、たまに黒がうすーいグレーな子もいますよね。

毛の根元が白いと「スモーク」と呼ばれる状態になります。

毛色を薄くする遺伝子が加わることによって黒の色素が薄くなりグレー(ブルー)の毛色になります。

日本には少ない印象がありますね。

 

また、茶×白のバイカラーの猫って実は珍しいんですよ!

そこに毛色を白くする遺伝子が加わるとクリーム×白のバイカラーになります。

 

バイカラーの猫ちゃん達。

その多くが鼻や肉球の色がピンクです。

黒×白のバイカラー猫はそのピンクに黒ブチが入る事も。

全体的に真っ黒な子もいますが、ホクロのようにちょこんとブチ模様があるとなんだかかわいらしいですよね(笑)

意外と多い?猫の毛色と模様!最も多い白黒猫について

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。