あごの下に猫ニキビが出来た時の原因と治し方について

学生時代、ものすごくニキビに悩んでいました。

思春期ニキビというものです。

もう部活で汗をたくさんかいていましたから。

 

新陳代謝が活発な人ほどニキビがたくさんでていた記憶があります。

早い人で言えば、小学校高学年からニキビがでている子もいましたしね。

 

大人になると今度はなかなか治りにくい大人ニキビ。

若いうちは額や頬にできていたのが、大人になると顎まわりに集中します。

赤や黒といったなかなか完治しないものになったり、跡が残ったりと、もうそれはそれは苦労します。

 

肝臓や腎臓、胃の調子とも関係していると言われていますし、女性でいうとホルモンバランスの乱れからきたりと大変ですよね。

 

え?美容関係の話なの?

 

いえいえ、実は猫ちゃんにも猫ニキビってあるんです!

あごの下に猫ニキビが出来た時の原因と治し方について

 

最初に見たときはびっくりしました。

 

いつものスキンシップで顎をもふもふしていると、

「ん?あれ?・・・

なんだこれ!この黒いブツブツーーーーーーー!!!!」

と発狂しましたよ。

 

そう、それが猫ニキビなるもので座瘡〈ざそう〉と呼ばれるものです。

 

皮膚腺に分泌物が溜まったり、餌の食べかすや汚れたマットなどが原因でできると言われています。

 

ありゃありゃ・・・これ大丈夫なの?

 

基本的には自然治癒で完治しますが、気になる場合などはあっためた蒸しタオルなどで優しくなでるように拭いてあげるとOKです。

無理に爪などで取り除こうとせずにしてください。

 

あごの下に猫ニキビが出来た時の原因と治し方について

もちろん、汚れたマットなどはきちんと洗濯をし、きれいな環境を整えてあげましょう。

 

再発を繰り返すと皮膚炎につながったりもします。

 

皮膚炎になると痒がったり、痛がったりしますので、早めに動物病院を受診してくださいね!

 

あごの下に猫ニキビが出来た時の原因と治し方について

いや〜人間だとそう簡単には治らないんですがね・・・。

高い薬用の薬を塗ったり、コンシーラーで隠したり。ええ。

油物食べなきゃいいんですがね、やめられません!←(意志が弱い

 

日頃のスキンシップで気付けるものなので、もふもふ日和を毎日作ってください!

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。