猫の写真を可愛く撮る方法!素人でも出来る撮り方のコツ

私のお友達が、今年のボーナスで一眼レフを購入したようで、

SNSに飼っているワンチャンの写真をブログであげていました。

 

もうなんっっともきれいな写真でしょう!

人間の毛穴までバッチリ撮れるほど。

まぁなんともお恥ずかしい!

 

周りの背景もいい具合にぼかされ、ワンチャン雑誌の表紙なんじゃ?と思うほど鮮明でした。

最近の携帯も画素数が半端ないので、
一眼に引けを取らず鮮明な写真が撮れますが、やはり本物を見ると・・・一眼レフ欲しい←ってなります。

 

そのお友達の会社の上司が元・猫カメラマンだそう。

 

なんと!?

 

地元の猫を撮り続け、躍動感のある猫の写真を見せていただきました。

どうやったらこんな写真が撮れるようになるの!??

と感激するばかりの写真の数々。

 

「猫が好きな気持ちがあるだけで、いいのが撮れるんですよ〜」

だなんて仰ってました。

なんとも紳士なお言葉でしょう、、、!

 

猫の写真を可愛く撮る方法!素人でも出来る撮り方のコツ

今は趣味の範囲でやられているということで、

その上司の方から教わった猫カメラマンアドバイスをいくつかご紹介します。

 

室内外の愛猫を撮る場合、

 

大きなカメラを向けると怖がる子もいるので、

まずはカメラを抱えた状態でおもちゃなどで遊び、リラックスさせることが重要。

 

カメラを構えたらとにかく「褒めちぎる」!

 

「かわいいね〜いい表情だね〜あ〜賢いな〜💓すごい素敵〜!」などと。

「かわいいね」や「かっこいい」と褒めてあげると顔を向けてくれることが多くなるようです!

 

へぇ〜!言葉を理解しているんですね!

褒めて褒めて褒めて撮る、をくりかえすことで、

カメラを構えられたら嬉しいこと、
楽しいことがあると覚えてもらうことでステキなアングルで写真が撮れるそうです。

 

室内だと、カメラに写したくない場所や、ここで撮りたいのに、といったこともあるかと思います。

おもちゃなどで誘導して猫に来てもらうことがいい写真を撮る大切なこと。

無理に抱っこしてその場所に連れて行くなど、猫のペースを乱さないよう心掛けましょう。

 

猫の写真を可愛く撮る方法!素人でも出来る撮り方のコツ

また、猫のお気に入りの場所のほうがいい表情が撮れやすいので、

 

自分が動いて態勢を変え、アングルを変えてと飼い主さんの努力と気力が必要です(笑)

 

警戒をしていたり、猫が固まったまま動かない場合はゆっくり瞬きをしてあげましょう。

瞬きをすることで警戒心が溶け、豊かな表情をしてくれるように。

愛情表現の1つでもあるので、
コミュニケーションを取りつつ、猫の目線でカメラを構えるとGOOD!

 

お腹を床にベタっとつけて猫の目線の世界で写真を撮るといつもとは違った表情が撮れたりします。

猫の写真を可愛く撮る方法!素人でも出来る撮り方のコツ

 

これを気長に気楽に楽しんで行うことでいい写真が撮れるようになりますよ、と アドバイスをいただきました!

 

さっそく実践してみると、私の挙動不審な行動を察知したのか急に隠れるにゃんず。

 

そういえば、距離感を大事にしてください、って言ってたなぁ〜と思い出し

しばらく知らんぷりをしていると、いつものように近くに寄って来て、横でグルーミングを始めました。

距離感距離感・・・。

 

猫が怯えたら、一歩引く。撮れそうならまずは遠くからパシャり。

いけそうなら徐々に近づいてパシャり。

なんだったら近づいて腹這いになってパシャり。

 

と距離を縮めていってください。

本当にかわいい表情が撮れるようになりますよ!

 

私も一眼レフ買って猫カメラマン目指そうかなっ・・・!←すぐ感化されます

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。