猫のノミ対策!駆除方法は?予防法と効果的な3つの取り方

かゆい、と言いながらこちらへやって来るらいおん丸。

よしよし。お客さん、どこがかゆいですかと尋ねながら、
とりあえず気が済むまでかきかきとしてあげました。

 

猫のノミ対策!駆除方法は?予防法と効果的な3つの取り方

 

らいおん丸もあんちゃんも、毛の色が濃いからノミがいても肉眼で確認しづらいのですよね。

その点ごまちゃんは、黒い部分以外だととても分かりやすいので、すぐ見つけられます。

 

【手入れはしっかり ノミ取りをしよう】

 

◎お風呂に入れる

 

最も手っ取り早く一網打尽に出来て、最も(飼い主側が)危険な方法です。

市販のノミ取りシャンプーでしっかり洗ってあげると、
わさわさとゴマ粒みたいなのが排水溝に流れて行くのが目に見えて分かります。

 

乾かした後にノミ取り用のくしでといてあげれば、毛に絡まっていたノミも粗方取ることができますよ。

 

重要なのはこの後。1~2週間後にもう一度お風呂へ入れることです。

前回、卵だったノミが成長しているので、それらが次の卵を産む前に退治します。

このセットを5、6回すれば大分キレイになりますが、欠点として飼い主によっては毎回流血沙汰の戦場になりかねないことです。

 

猫のノミ対策!駆除方法は?予防法と効果的な3つの取り方

 

◎ノミ取り用くしでちまちま捕る

 

「お風呂入れるのはムリ」というときに役立つアイテムです。

が、あくまでもその場しのぎだということを理解したうえでお使いください。

闇雲にといてもノミは取れないので、まずはノミを見つけてください。

 

白い毛の子は簡単で、ノミのフンが縦状、
つまり毛先から皮膚に向かって集中しているところの根本に絶対いますので、がしっと取ってやってください。

 

この時使うくしは、捕獲ゲージみたいなのが付いているタイプがオススメですが、
通常タイプでも洗面器に洗剤水を入れて、1匹取るごとに水の中に入れると、飛んで逃げることがありません。

 

◎手で取る

 

熟練された「神の手」をお持ちの方以外は、止めた方が賢明です。

間違って潰してしまうと、卵が飛び散ってしまい余計に増えてしまいかねません。

手で潰さず取れた場合も、洗面器に入れた洗剤水の中にノミを入れてくださいね。

 

他にも並行してやって頂きたいのが、部屋の掃除です。

特に布団や猫用毛布を使っている方は、塩素系の洗剤を使ったり、布団用乾燥機で加熱殺虫をしたりしてください。

なお、乾燥機が無い方は夜中に帰宅したとき、電気を一度もつけずに布団へ掃除機をかけると効果的です。

 

只今支援物資とご寄付を募っております、お送り頂ける方は下記の住所までお願いいたします!

送っていただける方にAmazonほしいものリストもあります

〒115-0042 東京都北区志茂4-11-9 1F 猫カフェGOMA宛

Tel:03-6667-5386

メール info@nekoloog.com

口座も教えて欲しいとお伝えいただいたので表示させていただきます🙇‍♂️

三菱UFJ銀行 赤羽支店

店番178

番号 0340858

ネコカフェゴマ

頂いたご寄付は猫たちへ大切に活用させて頂きますm(_ _)m

下記オンラインショップからも寄付が出来ます!

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。