猫虐待で裁判!起訴内容認める 大矢誠・元税理士に懲役1年10ヶ月求刑【カルおじ】

22万人以上が大矢誠に刑罰を与える様署名を集めた裁判が昨日、東京地方裁判所で初公判が開始されました。

大矢被告は去年3月から今年4月にかけて、埼玉県深谷市の廃屋付近で13匹の猫を虐待し捕獲機で猫を捕まえた後、ガスバーナーや熱湯をかけるなど、死なせたとして
動物愛護法違反の疑いで、税理士、大矢誠容疑者(52)を逮捕した。大矢容疑者は虐待の様子を動画で撮影し、インターネット上に投稿していたという。

検察側は懲役1年10月を求刑、大矢誠の弁護側は執行猶予付きの判決を求めた。12月12日に判決が言い渡される。

検察側は論告で「猫をいたぶることに楽しみを覚えており、凄惨(せいさん)な犯行」と指摘。弁護側は最終弁論で「(逮捕で仕事をなくし)社会的地位を失っており、反省もしている」とした。

公判には猫の愛好家が多く詰めかけ、タレントの杉本彩さんも傍聴した。杉本さんは閉廷後「同様のことが起こらないよう、厳しく処罰してほしい」と語った。【石山絵歩】

 

https://mainichi.jp/articles/20171129/k00/00m/040/050000c

2ちゃんねる(5ちゃんねる)の「生き物苦手版」から始まったこの事件、今こそ動物愛護法を変える時だと本当に思います。
多くの著名人の方も発信されている様で、同じことが起こらないよう、厳しく処罰してほしいと厳格を求める声が多いです。
判決は12月12日、納得のいく判決をして欲しいです。

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。