クラウドファンディング「里親の見つからない猫たちのために保護猫カフェを作りたい。」

公開1週間目で14名の方、計185000円をご支援頂きました。本当に、ありがとうございます。

公開URL:https://readyfor.jp/projects/nekoloog

9月21日までに、200万円以上を集めなければ、全額返金になります。

皆様のご支援を無にしないよう、支援の輪を広げられるよう引き続き頑張ります。

どうかご支援の方、よろしくお願いいたします。

 

 

舌をしまい忘れた猫の顔が好き!忘れる理由とは?猫舌って本当?猫の舌にまつわるお話

 

先日、猫の舌がザラザラしている話をしましたが、今日は「しまい忘れ」についてご紹介します。

 

うちの猫たちは、あまりしまい忘れてることはないです。

あっても一瞬で、なかなか写真を撮ることができないんですよね・・・。

 

・どうして舌をしまい忘れるの?

 

猫さんが舌を出しっぱなしにしている写真をよく見かけます。かわいいですよね。

猫さんは、毛づくろいやご飯を食べるときに舌を使いますよね。
そんな時にほかの事に気をとられたり、疲れたりしてしまった時に舌をしまい忘れる傾向があるようです。

 

特に、毛づくろいの時に多いみたいですね。基本的には一時的なもので、
リラックスして舌の筋肉が緩んでいると考えることができますから、神経質になる必要はありません。

そのまま放っておいても、そのうち自分で気づきます。

 

生まれたときから家の中で飼われている猫さんは、なわばりがキチンとしていて環境にも慣れているため、
リラックスしている時間が長く、舌をしまい忘れることが多いようです。

確かに、野生の猫より家猫の方が、しまい忘れてそうな雰囲気ありますね。

 

舌をしまい忘れた猫の顔が好き!忘れる理由とは?猫舌って本当?猫の舌にまつわるお話

 

・猫舌って本当?

 

ところで、「猫舌」っていいますよね。熱いものを食べられない人のことを言いますが、猫って本当に「猫舌」なんでしょうか?

猫は本来、野生で獲物を獲って生活していました。自然界でそんなに熱い食べ物はありませんから、本来熱いものを食べるという習性はありません。

それは他の動物でもそうなのですが、猫は特に舌に神経が集中しているといわれています。

それで、猫舌といわれるのかもしれませんね。

 

舌をしまい忘れた猫の顔が好き!忘れる理由とは?猫舌って本当?猫の舌にまつわるお話

 

・猫の舌とお菓子

 

「ラングドシャ」っていう西洋菓子がありますよね。うすーいクッキーのような生地でできているお菓子です。丸めて葉巻のような形になっている「シガーロール」が有名ですよね。

他にも、北海道土産の定番「白い恋人」もラングドシャです。

「ラングドシャ」は langue de chat 、なんとなく英語にすると猫(cat)の舌(tongue)と似ています。フランス語で猫の舌という意味なのです。

確かに、薄くてザラザラしているところが似ていますね。

 

舌をしまい忘れた猫の顔が好き!忘れる理由とは?猫舌って本当?猫の舌にまつわるお話

 こちらのまこまこさんのおはぎちゃん。舌を出しっぱなしにしていて、超可愛いです!!


出典:MAKOMAKO0 youtube.com

猫さんがうすくてかわいい舌を出し忘れていると、可愛すぎますよね。

今度みかけたら、是非写真に撮ってみたいと思います。

 

舌をしまい忘れた猫の顔が好き!忘れる理由とは?猫舌って本当?猫の舌にまつわるお話

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。