クラウドファンディング「里親の見つからない猫たちのために保護猫カフェを作りたい。」

公開1週間目で14名の方、計185000円をご支援頂きました。本当に、ありがとうございます。

公開URL:https://readyfor.jp/projects/nekoloog

9月21日までに、200万円以上を集めなければ、全額返金になります。

皆様のご支援を無にしないよう、支援の輪を広げられるよう引き続き頑張ります。

どうかご支援の方、よろしくお願いいたします。

 

 

野良猫と地域猫に餌をあげていい?起きる住民トラブルとは?対策について

皆さんは、道行く野良猫を見てどう思われますか?
かわいい、餌をあげたら懐いてくれるかな。と思われた方は要注意です。

同じ可愛がって餌をあげるのでも、地域猫の保護として活動されては如何でしょうか。

野良猫と地域猫に餌をあげていい?起きる住民トラブルとは?対策について

【今更聞けない地域猫のアレコレ】

地域猫(ちいきねこ)とは、特定の飼い主がいないものの、地域住民の認知と合意の上で共同管理されている猫を指す。
地域猫活動について環境省の定義としては地域の問題として飼い主のいない猫を住民やボランティア等が共同管理することで、最終的にそのような猫をなくすことを目標としている。
(出典:Wikipedia)

自治体や地域、団体で細かな定義は異なってきますが、最終目標が野良猫の減少に向かっているのは同じ考えです。

 

◎地域住民とのトラブル防止及び回避

・衛生
猫の水場や餌やり場の清掃、糞の処理を行って、常に清潔な状態を保ちます。
毛玉などの嘔吐物もそのままでは不衛生なので、処理しなくてはなりません。

・生活圏への侵入
猫が民家の庭に入り、庭を荒らしたり排泄をしたりしたときの理解や、そもそも入らないようにする工夫を話し合います。

 

◎繁殖阻止

避妊手術をして、地域にこれ以上野良猫が増えないようにします。
しかし、どの団体も毎年のように行っており、募金や自腹では手術費が追い付かないところもあります。
全ての野良猫を一斉に確保して避妊手術をさせるのは難しいので、取りこぼしがあるかもしれませんが、減少しない主な理由は「飼い猫の不法投棄」と「外飼い猫へ手術をしていない」という心許ない飼い主のせいでもあります。

◎騒音

雌猫が発情期になると長鳴きををする声や、雄猫同士の縄張り争いの声が騒音として挙げられます。
人間の暴走族とどちらが迷惑な音かは、聞き手によってまちまちでしょう。
地域猫。お世話するのは大変ですが、ただ可愛がって無責任に餌をあげるだけの行為より、同じ猫好きとして立派だと思います。

一方で、定義の一人歩きや解釈の違いによるトラブルが後を絶ちません。

 

◎捨て猫

地域猫のいる場所=育てられなくなった飼い猫を引き取ってくれる場所、ととんでもない勘違いをされている方々による不法投棄は、地域猫の定義を否定する行為そのものです。
ただ残念ながら、猫をアクセサリーや外見の可愛らしさで飼う人ほど、定義を理解せずに安易に捨てて行くのです。
猫を子供や恋人のように思っている、世間からすると「イタイ猫好き」な飼い主さんは、そんなこと絶対になさらないですよね。
去年の猫ブームに「お願いだからそっとしておいて」と悲鳴を上げた方が何百人といらっしゃるでしょう。

 

◎迫害

人に慣れた野生の猫なので、簡単に捕獲できます。
その結果、あの痛ましい事件や、動物実験の餌食となってしまうのです。
 

 

【どうすれば地域猫がなくなるか】

猫嫌いの方からすると、地域猫の概念そのものがおぞましいらしいです。
どこか広大な土地へ全ての猫を集めればいい、と簡単に仰りますが、その結果従来の自然環境を悪化させるわ今以上に繁殖するわで悪化の道をたどるかと思います。

まずは、ペットショップで販売する仔猫に避妊去勢手術の義務化。
ブリーダーも一定数以上の仔猫を販売しない。
飼い猫の避妊去勢手術の義務化、かわいそうというのならゲージから一生出さない(外への脱走を防ぐ為)飼い方にするべきです。

この大元をどうにかしない限り、永遠といたちごっこでしょう。

野良猫と地域猫に餌をあげていい?起きる住民トラブルとは?対策について

さて、この地域猫の取り組み。
即効性も成功例もない取り組みのため、世間の目は割と冷たいです。

ですが、なぜ野良猫が居るのか。誰のせいなのか。
猫好き猫嫌い問わず、今一度見つめてる直すべきではと思います。

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。