猫の体と尻尾がベトベトになるスタッドテイル症とは?予防方法や原因 治療法について

 

猫のからだって、ほんとにしなやかでなめらかで、美しいですよね。

首筋から背中、お尻に向かってのライン。こんもりと小山のようで、
毛並みもきれいに流れて…あれ?しっぽの付け根のところが、なんかテカテカ濡れてる…?

 

あれれ?なめなめしすぎたのかな?

 

猫の体と尻尾がベトベトになるスタッドテイル症とは?予防方法や原因 治療法について

 

背中からしっぽの付け根の辺りにかけての同じ箇所が、
いつも脂っぽくベトベトしている。それは尾腺炎、いわゆるスタッドテイルかもしれません。

 

猫のしっぽの上部には皮脂腺やアポクリン汗腺が多く存在します。

よく「ごはんアピール」の時なんかに、しっぽを立てて人間の足にすりすりっ!としてくることがありますね。

これはしっぽの部分をすりすりすることで自分の匂いを相手や物につけ、存在をアピールするため。そのため猫にとって大切な器官となっています。

 

スタッドテイルは、それらの腺からの分泌物が過剰になってしまう皮膚病の一種です。

しっぽの付け根から背中にかけての毛が皮脂で固まり、そこへ汚れが付着して黒っぽくベタベタになります。

 

ニキビでしっぽが凸凹になってしまうことから「スタッド(鋲)テイル」と呼び名がついたといわれます。

ひどくなると毛穴に細菌が感染し、かゆみや脱毛、化膿などが起こることも。

猫もその部分が気になってしきりになめようとするので、余計にバイ菌が入ったり毛が抜けてしまったり…と悪循環です。

 

猫の体と尻尾がベトベトになるスタッドテイル症とは?予防方法や原因 治療法について

 

この病気の原因はまだはっきりとしていません。未去勢のオス猫に多く見られる傾向があるため、男性ホルモンが関係しているのかも??という説もありますが、メス猫でも起こります。またシャム猫やペルシャ・ソマリなどの、東方出身の長毛猫に多い、ともされています。

 

さらに、根本的な治療法も今のところないようです。

対症療法としては、患部の毛を刈り取った上で、シャンプーでこまめに洗って清潔に保つこと、皮膚炎がひどい場合は抗生剤を投与する…などが挙げられます。

一般的な猫用シャンプーではしつこい皮脂汚れはなかなか落ちません。

ブリーダーやトリマーが使う、動物の皮脂汚れ専用のクレンジングオイルがあるそうです。

 

【グルーマーズグープ】

猫の体と尻尾がベトベトになるスタッドテイル症とは?予防方法や原因 治療法について

出典:楽天市場

 

こちらが一番人気の抗脂漏症クリーム。シャンプー・リンスも同じラインで使用してあげるとより効果的かもしれませんね。

お風呂の嫌いな猫ちゃんなら、しっぽの部分だけでもシャンプーで洗うか、この犬猫用のクレンジングオイルで拭いてあげるとよいでしょう。

 

いかがでしょうか。「なんかちょっと汚っこいけど、まあいっか」と放っておいたら大変なことになるかもしれません!愛猫ちゃんのしっぽの付け根、今一度ご確認くださいね♪

 

猫の体と尻尾がベトベトになるスタッドテイル症とは?予防方法や原因 治療法について

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。