クラウドファンディング「里親の見つからない猫たちのために保護猫カフェを作りたい。」

公開1週間目で14名の方、計185000円をご支援頂きました。本当に、ありがとうございます。

公開URL:https://readyfor.jp/projects/nekoloog

9月21日までに、200万円以上を集めなければ、全額返金になります。

皆様のご支援を無にしないよう、支援の輪を広げられるよう引き続き頑張ります。

どうかご支援の方、よろしくお願いいたします。

 

 

猫と人間の赤ちゃんの付き合い方とは?同居の注意点と共生生活

猫も子供も、育て方や扱い方は一緒です(多分)

例えば、適度に構ってあげないと愚図愚図言ったり、態度で感情を伝えたり。

それではpart4。いってみましょう。

 

 

【母親と仔猫と乳幼児の生活】

 
 

猫と人間の赤ちゃんの付き合い方とは?同居の注意点と共生生活

◎退院後

まずは猫たちに、長期間留守にしたことを詫びましょう。

彼らからするといきなり飼い主が居なくなり、寂しい思いをしていたのですから。

その後に、生まれた赤ちゃんをお披露目します。

猫たちが警戒していないようなら、そのままクンクンとニオイを嗅がせてあげると良いでしょう。

「このお家に新しい家族が来たから、皆で仲良くしてあげてね」というのを認識させるためです。

誰だって急に、縄張りの中に知らない生き物が住み着いていたら驚きますよね。

そのための『認識』なので、必ず玄関でお披露目はしましょう。

 

クンクン攻撃が止まれば、やっと赤ちゃんは家に入ることができます。

 

 

◎乳幼児の縄張り

 

猫と人間の赤ちゃんの付き合い方とは?同居の注意点と共生生活

 

大切なのは、新しく来た赤ちゃんの縄張りをしっかり確保できるかです。

 

専用の部屋を作っているなら、しばらくの間は猫が入らないように気を付けます。

ベビーベッドのみの場合は、ベッドサークルの中に入らないようにします。

 

ここは赤ちゃんの縄張りだと認識させることができたら、次は飼い主が一緒にいる状態で縄張りの中に猫を入れます。

勝手に入ったときは叱って下さい。あくまでも、飼い主に入れて貰ったという実績が大切なのです。

 

根気強く教えたら、猫が赤ちゃんに対して危害を加えることは無くなります。

 

 

◎窒息

 

猫と人間の赤ちゃんの付き合い方とは?同居の注意点と共生生活

 

これは猫の善意から起こり得る事故です。

 

赤ちゃんを「仲間」と認識した猫たちは、一緒にお昼寝しようとやってきます。

このとき、猫同士によく見られる乗っかったり踏みつぶしたりする行為を、赤ちゃんにもやってしまいます。

自力で寝がえりが出来る頃ならいいのですが、そうではない場合、猫に埋もれて赤ちゃんが窒息してしまう恐れがあります。

 

高確率で起こる事故なので、気を付けてください。

 

 

新しい猫さんをお迎えするときに、先住猫たちへの顔合わせをさせないと、後々トラブルになりますよね。

きちんと挨拶をさせて、仲間として扱ってもらえれば、本当に子守をしてくれる猫も居ます。

遠方で親族に頼れないという方は、猫さんにお手伝いをお願いするのもアリだと思いますよ。

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。