就職に生かせる資格 キャットケアスペシャリスト!講座は?キャットシッターになる方法も

 

ねこ検定、ペットオーナー検定など、猫にまつわる検定をいくつかご紹介しましたが、

さらに仕事に役立つ民間資格「キャットケアスペシャリスト」をご存知でしょうか。

昨今の猫ブームにより、専門的な知識を持つ人材の需要が増えているようです。

猫関係のお仕事に就きたい!と考えていらっしゃる方は必見ですよー。

 

就職に生かせる資格 キャットケアスペシャリスト!講座は?キャットシッターになる方法も

 

最近注目の資格、「キャットケアスペシャリスト」。

 

文字通り、猫の飼育・管理についてのスペシャリストを目指すもので、一般財団法人日本ペット技能検定協会の認定資格となっています。

猫の基本的な知識はもとより、動物看護や介護、美容、繁殖学など、猫の「ケア」を目的とした幅広い知識を身につけた人だけが取得できる資格です。

具体的には通信講座でのカリキュラムを修了し、試験合格後ライセンス交付の手続きをすることで取得が可能です。

 

この資格を取るための講座は、ヒューマンアカデミー通信講座「たのまな」が行っています。

http://www.tanomana.com/SHOP/1135T276.html

自宅に届く教本とDVDでの学習のみでOK。試験も添削課題の提出を3回行うというものなので、特に試験会場へ出向いたりする必要もないようです。

教室などに通わなくても自分のペースで学べるというのはありがたいですね。

 

週3~4日、1日2時間程度の勉強で、だいたい4ヶ月ほどあればほとんどの人は合格できるといわれています。

 

(とはいえ専門資格の講座ですから、それなりの覚悟は必要です…テキストも600ページ超え、ボリューミーな内容ですよ)

また講座の受講料ですが、ライセンス交付料とあわせると10万円ぐらいかかります。

専門学校に入学することを考えればリーズナブル…といえなくもないですが…金銭的にもそれなりの覚悟が必要なようですね。

 

この資格を活かせる職業としては、猫を扱うショップや猫カフェ、ペットホテル、猫のブリーダー、そしてキャットシッターなどがあります。

実は「キャットケアスペシャリスト」の資格認定後は「キャットシッター」の資格も同時に取得することができるのです。

キャットシッターといえば、飼い主の留守中に猫のお世話をしてくれるペットシッターさん。まさに猫のケアのスペシャリスト!

 

キャットシッターの仕事自体には特に資格が必須というわけではありませんが(開業するには動物取扱業の届出は必要)、やはり無資格だとなかなか信用がつかない…なんてことも。

(そりゃそうだ、うさんくさい自称シッターを信頼することなんてできませんよね)

他人の大切な家族をお預かりするのですから、万一のことがあっては一大事。

どんなアクシデントも(できれば)未然に防ぎたい、そんな時に必要なのは専門的な知識ではないでしょうか。

 

ヒューマンアカデミーでは通信講座だけでなく、希望すればさまざまな実技講習を受けられるシステムがあります。

 

シッター業務の実技講習には、なんと現役キャットシッターさんと一緒に実際のお客様の自宅を訪問して行う実習もあるそうです。

プロの仕事がこの目で実際に見られるなんて、最高ですね。

ペットビジネス独立開業セミナーも開催されており、資格取得後の就職や独立開業もサポートしています。

 

就職に生かせる資格 キャットケアスペシャリスト!講座は?キャットシッターになる方法も

 

日本では愛猫家は多くても、まだまだ「猫の専門家」と呼ばれる人は少ないのが現状。

 

空前の猫ブームで、猫に限定されたビジネスの場も多様化しており、今後さらに需要は増えると思われます。

既にペットショップやペットホテル、猫カフェなどでも猫の専門的な知識が問われ始めています。

 

ペット業界の中でも「猫のスペシャリスト」という肩書は強い武器となりえます。猫にまつわる仕事がしたい方、
あるいは愛猫のことをもっと深く知りたいという方は、ぜひ「キャットケアスペシャリスト」の資格取得に挑戦してみてください。

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。