クラウドファンディング「里親の見つからない猫たちのために保護猫カフェを作りたい。」

残り7日です!応援の方どうぞよろしくお願いします!

公開URL:https://readyfor.jp/projects/nekoloog

 

猫と赤ちゃんの同居生活に必要な物と注意必須のおもちゃとは

猫さんが増えると道具が増えていくのと同様に、人の子も成長すれば様々な道具が必要になってきます。

では実際に何を使うのかと、猫がいるとどうなるかをご紹介していきます。

 

猫と赤ちゃんの同居生活に必要な物と注意必須のおもちゃとは

 

 

【母親と仔猫と乳幼児の生活 その4】

 

◎哺乳瓶

 

2人目3人目の母親なら母乳の出が最初から良いので、お世話になることは少ないと思いますが、1人目出産の方は母乳が中々出ないので、退院後からほぼ毎日使います。

都度都度洗って消毒が面倒でない方は哺乳瓶1個。

真夜中に洗い物はムリという方は哺乳瓶2個。

普通はこれで事足りますが、我々のように猫と同居している人は、ゴム製の乳首を予備で1個買っておきましょう。

 

これは、万が一猫たちが吸い口をかじってしまった場合、穴が開いてしまって使い物にならなくなるためです。

猫にとって、粉ミルクのニオイは大変美味しく思うみたいですので、お気をつけください。

 

 

◎消毒ケース

 

猫と赤ちゃんの同居生活に必要な物と注意必須のおもちゃとは

出典:ピジョン(Pigeon)

人それぞれの好みがありますが、一番簡単な「レンジでチン」タイプで説明します。

ホコリ除けがあるので、そのまま立てて置けるのが魅力的で、何より熱い湯気が出ているので猫が近づきません。

鍋の蓋や引き戸を開ける器用なお手手を持った子達も、ミルクのニオイがしないので開けることはありません。

かじられる心配も無いので、蓋つきはオススメです。

 

 

◎ベッドメリー

 

猫と赤ちゃんの同居生活に必要な物と注意必須のおもちゃとは

出典:コンビ

天井に吊るしたり、ベビーベッドに設置したり、床に置いたり。

用途としては、安眠効果と発育の面での効果のために使いますが、正直言ってオススメは出来ません。

カラフルなおもちゃが、自動でくるくると回り、音も出るとなると、もはや猫じゃらしにしか見えません。

猫が飛んできて、着地点に乳幼児が寝ていたとなったら、洒落にならない事故が発生するかもしれません。

 

メリーを付ける部屋はお猫様立ち入り禁止にするか、そもそもメリーを付けないかの処置をしましょう。

 

 

◎バンボ

 

猫と赤ちゃんの同居生活に必要な物と注意必須のおもちゃとは

出典:バンボ(Bumbo)

お座りが出来る赤ちゃん用の椅子で、汚れても丸洗いできるのが特徴です。

ローテーブルで食事のご家庭には、1つあると便利ですよ。

ただ、程よい丸みと深さが心地いいのか、気が付いたら猫がくるんと寝ていることがあるそうです。

 

実害は特に無く、強いて言えば・・・椅子がほんのりと温かくなっています。

 

 

猫と赤ちゃんの同居生活に必要な物と注意必須のおもちゃとは

 

 

◎バウンザー

 

猫と赤ちゃんの同居生活に必要な物と注意必須のおもちゃとは

 

出典:楽天

ゆらゆら動くロッキングチェアみたいなやつです。

家事をしていて手が離せない、けどベッドだと泣いてしまうというときに重宝します。

たまに揺らしてあげると安心して寝入ってくれますよ。

 

これは、猫の性格にも寄りけりなので一概に良し悪しは言えません。

やんちゃな子なら、トランポリンの如く飛んでいくのに使いかねないので危険ですが、一方で本当に子守をしているみたいに適度な揺れを作ってくれる子もいます。

 

 

よく使うもので実際に話を聞いたものを書かせて頂きました。

猫の個体差があるので全部起こるかと言われると自信はありませんが、ベッドメリーだけはかなりの危険率です。

ご夫婦で話し合いながら、ベビー用品を買い揃えていって下さいね。

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。