猫にも厄年がある?ペットのお祓いができる神社特集

 

皆さま、ご自分の「厄年」がいつかご存知ですか?

 

災厄が多く降りかかる歳といわれる厄年ですが、
もちろん科学的根拠はありません。

起源をたどると、「厄年」=「役年」とする説もあるそうです。

役年とは、昔から集落の中で持ち回りで行われてきた祭祀を司る役員さんが回ってくる年のこと。

 

大事なお役目を担うのだから、前後の年も合わせてくれぐれも身体を壊したりしないよう慎重に生きていきましょうね、
といういましめであったといういわれがあるそうです。

現代ではその説は廃れてしまっていますが、とにかく厄年が人生の節目であることに変わりはありませんね。

 

ここで男女の厄年のおさらい

 

男の厄年(本厄)は25歳、42歳、61歳。

女の厄年(本厄)は19歳、33歳、37歳。

それぞれ前後1年ずつが前厄・後厄となります。

(女性は30代のほとんどが厄年!結婚・出産、更年期などで体を壊しやすいということでしょうか。三十路になったら気をつけましょうね…。)

さらに男性の42歳と女性の33歳が「大厄」とされ、人生で一番気をつけねばならないとされています。

 

猫にも厄年がある?ペットのお祓いができる神社特集

 

ところで

犬や猫にも「厄年」があるって、知ってましたか?

 

犬は7歳、10歳、13歳、16歳。

猫は12歳、14歳、17歳となっているそうです。

 

ペットの寿命が延びた昨今、老化のステップの目安として定められたもののようです。

毎日の健康管理に気を付けるのはもちろんですが、「厄年」なんて言われるとついついお祓いとか、してもらった方がいいんじゃないか?なんて考えてしまいますよね。

 

通常、神社ではペットは出入り禁止となっているところが多いようです。

動物の「穢れ」を境内に持ち込むことは許されないからです。

ただし、近年「ペットも家族」という風潮が生まれたことや、宮司さんが無類の犬・猫好きであったりする場合もあり、「ペット参拝可」の神社も増えてきました。

犬や猫のお祓いをしてくれる神社もあるようですよ。

 

●東京都、東日本のペット参拝可能神社

 

新宿区市谷にある市谷亀岡八幡宮では、ペットと一緒に初詣のご祈祷を受けられます。

お正月が明けた後、1月のほぼ毎週末に開催されるようです。

(事前予約が必要ですので、公式サイトをチェックの上ご予約をお願いします)

 

また時期問わずペットの諸祈祷も受け付けてもらえるそうです。
こちらも要予約。初穂料はペット3匹までの祈祷で5,000円となっています。

お守りも、守り袋に肉球の柄がついたかわいいお守りや、ペットの名前を彫った木製の札、バンダナタイプのものまでバリエーション豊富です。

 

遠隔地にお住まいの方には、郵送のサービスもあるそうですよ。

 

猫にも厄年がある?ペットのお祓いができる神社特集

出典:市谷亀岡八幡宮

 

 

亀戸浅間神社のペットお守りは、ちりめんでできた可愛い肉球。

 

猫にも厄年がある?ペットのお祓いができる神社特集

出典:亀戸浅間神社

 

埼玉県の朝日氷川神社では、ペットの健康祈願の際にお守りと、神様からのおやつが授与されるとか。

さらに千葉県・愛育(めぐし)神社は日本初のペット専用神社!

祈祷料やおさい銭も動物保護団体へ寄付されるようです。

 

●西日本のペット参拝可能神社

 

大阪府・少彦名(すくなひこな)神社は医薬・健康の神様、またとりわけペットの健康の神様として知られています。

こちらでも犬猫の病気平癒祈願などを常時行っています。(初穂料一万円)

初詣も一緒にできますよ。

猫にも厄年がある?ペットのお祓いができる神社特集

出典:少彦名神社

 

奈良県・吉野の里にある吉水神社も、ペットに優しい宮司さんがいると評判です。

もともと犬に縁のある神社のため、
どちらかというとわんこの参拝が多いような印象ですが、
もちろん猫のご祈祷もOKです。

 

春には吉野桜で有名な中千本・上千本が一望でき、
また重要文化財や後醍醐天皇ゆかりの地でもあるため、
一度は訪れたいパワースポットですね。

 

いずれの神社も、ペットと一緒に訪れる際は必ずマナーを守り(神社によっては抱っこオンリーであったり、
境内はペット侵入不可などルールがあります)、
気持ちよく参拝できるよう心がけましょう。

 

猫にも厄年がある?ペットのお祓いができる神社特集

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。