クラウドファンディング「里親の見つからない猫たちのために保護猫カフェを作りたい。」

公開1週間目で14名の方、計185000円をご支援頂きました。本当に、ありがとうございます。

公開URL:https://readyfor.jp/projects/nekoloog

9月21日までに、200万円以上を集めなければ、全額返金になります。

皆様のご支援を無にしないよう、支援の輪を広げられるよう引き続き頑張ります。

どうかご支援の方、よろしくお願いいたします。

 

 

猫のしっぽの気持ちとその役割とは!?しっぽで分かる意味

 

猫のしっぽの気持ちとその役割とは!?しっぽで分かる意味

皆さんのおうちの猫ちゃんはどんな時にどんなしっぽをしていますか?

よく観察していると、意外にしっぽの動きにはバリエーションがあり面白いです。

今日は、そんなしっぽからわかる猫ちゃんの気持ちを追及していきたいと思います。

そもそもしっぽの役割は?

猫のしっぽの気持ちとその役割とは!?しっぽで分かる意味

猫のしっぽは本来方向転換の時のかじ取りなど、バランスを取る時に必要になります。

ただ、現代においてそこまで全力疾走する本気の野生ネコはあまりいませんので、その用途で使われることは少なくなってきていると言えるでしょう。

ちなみに、事故などでしっぽが短くなると、しばらくフラフラするようですが、すぐに馴染んで不便なく暮らせることが多いので、そういう意味でもやはり運動能力の一部としてのしっぽの役割は小さなものになっていると言えます。

では、現代におけるしっぽの役割とは何でしょう?

猫飼いさんならわかるかと思いますが、猫の感情を読み取るツール。

そういう役割が大きいのではないかと思います。

しっぽをふる

猫のしっぽの気持ちとその役割とは!?しっぽで分かる意味

犬のように喜んでいるからいっぽをふるというわけではないのが猫の難しいところ。

しっぽを振っていても早い場合少し神経質になっている状態です。

逆に、ゆっくりとしっぽを振るのはリラックスモード。

同じ動きでもスピードによっても、意味が変わってくるのがしっぽ流コミュニケーションです。

しっぽを立てる

猫のしっぽの気持ちとその役割とは!?しっぽで分かる意味

しっぽを立ててるときは、やる気満々です。

しっぽを立てて人によって来るときは、「あのね~ご飯がほしいのぉ~」なんておねだりの時や「遊んで遊んで~」と友好的になっていることが多いです。

ちなみに尻尾が立っている時もゆっくり振るのはさらにテンションが上がっている証拠で、早く振るのはイライラしている証拠になります。

しっぽの先だけをぴくぴくと振る

猫のしっぽの気持ちとその役割とは!?しっぽで分かる意味

我が家の猫ではネズミのおもちゃを追いかけている時によくなります。

ただ、しっぽの先だけぴくぴくさせるのは不安や動揺があるときのようです。

獲物を追いかけている時になるのは、落ち着かないという気持ちの表れなのかもしれません。

しっぽを膨らませる

猫のしっぽの気持ちとその役割とは!?しっぽで分かる意味

怒っている時や、興奮している時などの臨戦態勢の時です。

猫自身もいろんなことがセーブできていない状態なので、興奮を落ち着かせようとむやみに手を出すと引っかかれたりかまれて怪我をしちゃうことも……。

落ち着くまで見守ってあげましょうね。

しっぽを体に巻いている

猫のしっぽの気持ちとその役割とは!?しっぽで分かる意味

しっぽを体に巻くのはリラックス状態の証。すぐに動き出す気もなく、その場に暫くとどまりたいなぁー休憩しよう! という時はしっぽを体に巻き付けるようです。

まとめ

いかがですか?

ほんの少しだけでも猫のしっぽを見るだけで、無表情の猫ちゃんたちがどう思っているのかがよくわかってきますよね。

勿論、これ以外にも猫のしっぽはいろんな言葉を語ってくれます。

皆さんも猫ちゃんとしっぽ流コミュニケーションを楽しんでくださいね。

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。