もうすぐ公開!猫好きなら気になる映画「猫は抱くもの」鑑賞ガイド!

 

まもなく6月23日に公開される映画「猫は抱くもの」。沢尻エリカさんが主演される事や、その沢尻さんがクランクアップ後に”共演”したロシアンブルーの”良男”を引き取って家族の一員にされた事なども話題になっているので、ご存知の方も多いかと思います。

もうすぐ公開!猫好きなら気になる映画「猫は抱くもの」鑑賞ガイド!

ただ内容的にもどんな映画なのか、どんなストーリーでどんな見所があるのかなど、まだまだご存知ない方も多いでしょう。私も作品を観れた訳ではありませんので感想などは書けませんが、事前に流れている情報を整理しながら紹介してみます!

「何はともあれ、まずは予告編を!」

また、この作品のあらすじやキャスト、スタッフなどの情報はオフィシャルサイトをご覧になって頂いた方が、まとめて見れて便利ですし、ここで改めて紹介しても同じ内容の繰り返しになりかねないので(苦笑)、こちらをぜひご覧下さい!

http://nekodaku.jp/

この記事ではまず、この映画作品の元となった原作について触れておきたいと思います。

「原作者の大山淳子氏について」

もうすぐ公開!猫好きなら気になる映画「猫は抱くもの」鑑賞ガイド!

原作は映画と同じタイトルで「猫は抱くもの」。作者は大山淳子氏。2015年の春に発売されました。また、大山氏のこの作品以前に発表された作品で有名なのが「猫弁」シリーズの一連の作品。その中の「猫弁〜天才百瀬とやっかいな依頼人」で2011年に第三回TBS・講談社ドラマ原作大賞を受賞されてます。またその他にも猫だけでなく犬をキャラクターにした作品も発表されており、大山氏の動物、とりわけ猫に対しての愛情がそれぞれの作品に溢れているのが容易に想像出来ますね!

「今回の原作小説「猫は抱くもの」の評判は?」

もうすぐ公開!猫好きなら気になる映画「猫は抱くもの」鑑賞ガイド!

私もまだ未読なので、定番の「読書メーター」をザッと目を通してみて、大まかな評判としましては….

○ 猫目線と人目線、それぞれの世界が交錯して物語が進むのは良かった。
○ 猫の集会での会話がイイ。
○ とても優しい気持ちになれた!
○ 人と猫、猫と猫、のつながりにホロリときた。

など、概ね読後感としては満足されてるようです。なお、一見「短編集」のように思えますが、それぞれの物語は繋がっていますので「連作短編集」と言えます。

「そして原作と映画の違いは?」

もうすぐ公開!猫好きなら気になる映画「猫は抱くもの」鑑賞ガイド!

この点はどうも映画化による設定などの変更はあるようです。この作品に限らない事ですが、やはりどうしても原作が好きな方にとっては、映画の作り(特に脚本)に色々不満な点が出てきそうな感じ。実際に映画の方を観てみないと何とも言えませんけどね。なので、個人的にはこの作品に関しては、先に映画の方を観られる事をお勧めしたいです。既に原作を読まれている方は、あまり小説作品を忠実に表現してるわけではない事を念頭に置きながら、ご覧頂いた方が楽しめるのではと思います。文章と映像、それぞれの表現方法がありますからね。何と言っても映画ですと、可愛い猫達の”演技”を見れる楽しみ!がありますし。

しかも!原作者の大山淳子氏はご自身のブログ上で、完成された映画の試写をご覧になられたところ、「不思議感満載!一回じゃ気が済まない。リピートしたくなる。そんな映画です」、とご感想を記されています。「こういう映画、作れちゃうんだなぁ」、とも。それじゃ、私達だって期待するな!という方が無理ですよ、大山さん!!!

「その他、映画に関しての小ネタ」

今回のこの映画の特徴のひとつとして、「猫を人間(役者)が演じる」という演出がありますね。何だかミュージカル作品(映画てはなく舞台の方)のような感じがするかも?!

もうすぐ公開!猫好きなら気になる映画「猫は抱くもの」鑑賞ガイド!

そして舞台といえば、猫達が集会する「ねこすて橋」という所(橋の下)が作品中に出てくるのですが、その撮影用セットが舞台そのもののようで、映画の中に舞台があるような、一種独特の雰囲気が味わえるようですよ。

そしてこの映画の監督は犬童一心氏。ちょっと映画に詳しい方ならご存知かと思いますが、2008年に「グーグーだって猫である」という猫映画を撮られており、映画撮影における猫の扱いなら慣れたもの?!犬童監督自身のミニエッセイがこちら。

https://sippo.asahi.com/article/10563650

「 色々リサーチしてみたら、やっぱり」

猫好きの方々は、鑑賞されても損した気分にさせられる事は無さそう、って感じがします。ただ記事中に触れましたが、猫の擬人化とか舞台的なビジュアル、などの独特の演出と表現が合わない方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。逆にそうした表現がファンタスティックに感じられる方もいらっしゃるでしょう。基本的に猫と人それぞれのハートウォーミングな物語、作品のようなのでデートはもちろん、ご家族で。そして女性同士での鑑賞が特にお勧めでしょうか?!公開後、鑑賞された方のご感想をお待ちしています!!!

なお、公開日は6月23日です。サニーズの「ロマンス交差点」を聴きながらもう少し待ちましょう♪♪♪

以上、「もうすぐ公開!猫好きなら気になる映画「猫は抱くもの」鑑賞ガイド!」の記事でした。

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。