災害の時も一緒だニャン!猫と共に避難するための災害対策

災害の時も一緒だニャン!猫と共に避難するための災害対策

近年、日本各地で地震が起こっていますよね。
私は大阪住まいのため、少し油断していたのですが大阪北部の地震で震災対策は大事だなぁと改めて実感いたしました。
ネットでも地震の際に飼い猫が逃げてしまって情報を求めているという書き込みが多数書かれていたようです。
また、熊本地震の際には同行避難という言葉を耳にするようになりました。
いくら大きな地震が来たからといって、ペットは家族。
犬や猫は飼い主が責任をもって一緒に避難するのが大前提です。
ただ、責任をもってといっても具体的に何をしたらいいのかわかりませんよね?
今回は猫の飼い主が普段からしておかなければならない災害対策をまとめてみました。

1.ワクチンやノミ・ダニ対策を徹底しておく

災害の時も一緒だニャン!猫と共に避難するための災害対策

猫ちゃんと一緒に避難所に逃げることができたとしても、ワクチンやノミ・ダニ対策ができていない猫ちゃんは避難所で受け入れてくれないことがあります。自分の猫は病気をしていないからといって、そう言ったことを怠っていると、もしもの時に大事な猫ちゃんを連れて逃げられないかもしれません。

2.避難所が同行避難が可能かを確認しておく

災害の時も一緒だニャン!猫と共に避難するための災害対策

避難所によってはペット不可のところもあります。
事前に確認をしておく方がいいでしょう。
また、同伴避難と同行避難は違いますので、その辺りも注意して聞いてくださいね。

同伴避難:ペットと一緒の部屋で過ごし、避難することができる。ただ、周りの人への配慮は必要。犬猫アレルギーの人も沢山いますので、ペット可愛さに周りが見えなくならないように注意したいところです。

同行避難:人間とペットの避難所にはなっていますが、ペットは別室待機という状態もあり得ます。一緒に過ごすことができないので、それが嫌で熊本地震では車中泊を選択された方もいらしたようです。確かに、猫飼いとしては離れて避難するのは心配です……。

3.ハーネスに慣れさせておく

災害の時も一緒だニャン!猫と共に避難するための災害対策

震災時、とりあえず洗濯ネットをかぶせてキャリーに押し込むくらいは可能かと思いますが、その後が大変です。
家にいられなくて避難所に行ったとしても、キャリーのまま何日も過ごすわけにはいきませんよね。少し大きめのゲージにトイレなどと一緒に入れるにしても、キャリーを開けるたび、パニックになって猫が飛び出さないとは限りません。とりあえず、捕まえて、落ち着いたらまずはハーネスを付けてリードにつないだ状態にしておきましょう。

4.餌や水は猫の分もきちんと用意する

災害の時も一緒だニャン!猫と共に避難するための災害対策

人間用の非常食は色々と用意されている方も多いとは思いますが、猫用に普段食べているカリカリもきちんと用意しておきましょう。餌はできれば1週間分程度あると安心です。
また、大事なのが水を飲んだり餌を食べたりする器です。
軽めのプラスチックの容器とサランラップを用意しておくと、お皿が洗えなくても、きれいなお皿でご飯をあげれますよ。

5.必要なものをチェック

災害の時も一緒だニャン!猫と共に避難するための災害対策

餌、水以外にも必要なものは沢山あります。
一度、災害対策としてチェックしておきましょう。

・1週間程度のえさ
・リードとハーネス
・猫と飼い主が一緒に写っている写真(迷子の引き取りの際に自分の子かどうかを確認してもらうために必要)
・キャリーバッグ
・簡易ゲージ
・携帯用トイレ袋
・簡易トイレ
・猫砂
・通院記録(ワクチンの接種証明等が必要)

これだけ見ても猫ちゃんと避難するためにはたくさんのものが必要ですよね。
使い捨てのトイレやキャリーとゲージが一体化したものなども販売されてますので、色々と工夫をして、速やかに避難できるようにしましょうね。

まとめ
いかがでしたか?
いつか来るかもしれない大きな災害にきちんと立ち向かえるように、可愛い飼い猫の分まできちんと準備はしたいものです。
逆に、避難できなくて猫ちゃんが迷子になってしまった場合も、何とか家族のもとに帰ってこれるように、迷子札やマイクロチップの準備もしておきましょうね。
また、環境省より同行避難におけるガイドラインも出ておりますので、目を通しておくといいかもしれません。
同行避難におけるガイドライン

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。