クラウドファンディング「里親の見つからない猫たちのために保護猫カフェを作りたい。」

残り7日です!応援の方どうぞよろしくお願いします!

公開URL:https://readyfor.jp/projects/nekoloog

 

東京ドームシティで日本最大級の保護猫イベント「ネコ市ネコ座」ガイド

以前に今夏の猫イベントのひとつとして、「江戸ねこ茶屋」をご案内しましたが、今回ご案内するのは、さらに大きな規模の保護猫イベントである「ネコ市ネコ座@東京ドームシティ」です。

東京ドームシティで日本最大級の保護猫イベント「ネコ市ネコ座」ガイド

 

「どんなイベントなのニャ??」

 

まずこのイベントを開催されるのは、(株)ネコリパブリックさん。同名の保護猫カフェを運営されている会社。

(→ http://www.neco-republic.jp/ )

 

つまり開催目的は、保護猫や保護猫活動の事をもっと知ってもらいたい、保護猫の事で色々楽しんでもらいながら、グッズ購入や入場料などで得た収益を今後の保護猫活動推進のために活用するのが目的なのです。つまり不幸な猫達を少しでも多く助けるためのイベントなんですね。

 

だからといって、堅苦しい催しばかりではありません。

 

 

「イベント内容を詳しく教えてニャ!」

 

まずは”ネコ市”から。

東京ドームシティで日本最大級の保護猫イベント「ネコ市ネコ座」ガイド

文字通り”猫の市場”。実に70店舗以上!のお店が大集合。ハンドメイドの猫雑貨などはもちろん、色んな猫グッズが目白押し!当然ココでしか買えないグッズも多数販売。主催のネコリパブリックさんオリジナルの商品も販売します。

 

次に”ネコ座”。

東京ドームシティで日本最大級の保護猫イベント「ネコ市ネコ座」ガイド

ネコ座というのは、ステージ上で猫に関する色々なイベントやパフォーマンスを繰り広げる場なのです。猫ダンスや猫ミュージック、猫劇、 猫ミュージカルなどのエンタメイベント。そして猫に関するセミナーやトークショーなどの真面目に猫の事を学ぶイベント。主にその2つが”ネコ座の中身”のですね。

 

その中でも特におすすめなのは、フジロックにも出演して話題をさらった「むぎ(猫)」の単独ライブ!さらに他の同じネコ・アーティストでもある「山田稔明」、「近藤研二」のライブも行われてます。

 

パフォーマンスとしては、全国のご当地猫キャラさん達がこのイベントのために東京ドームシティに集合!「猫助けサミット」として、歌やダンス、そして撮影会やグッズ販売、はてはカルタ大会も行なうイベントがあります。

東京ドームシティで日本最大級の保護猫イベント「ネコ市ネコ座」ガイド

一方のセミナーやトークショーでは、「猫塾」という事で、保護猫のボランティア団体の方々や獣医師の方々に「猫の命と病気」や「猫の殺処分や保護活動」などをテーマにしたトークセッションを行なって頂く事になっており、とてもためになるお話が存分に楽しめるようになっています。

 

 

「そりゃ行かにゃいと!イベントの概要を教えて下さいニャ〜!!」

東京ドームシティで日本最大級の保護猫イベント「ネコ市ネコ座」ガイド

開催日時は、2018年7月14日、15日、16日、の三日間。三連休の間ですね。

 

開催時間は、11時から18時まで。ただし最終日の16日のみ16時まで、となってますのでご注意下さい。

 

入場料は、前売りチケットは1000円(猫水付き、先着限定3000人)。当日チケットは1500円。他に三日間通しの3daysパスもあり。2222円。

 

各種チケットの購入はこちら。→  http://www.nekoichinekoza.jp/ticket/

 

場所は、東京ドームシティ ギャラリーアーモ。地図はこちら。

 

オフィシャルサイトはこちら。→ http://www.nekoichinekoza.jp/2018dome/

 

「最後にひと言ニャ」

東京ドームシティで日本最大級の保護猫イベント「ネコ市ネコ座」ガイド

この「ネコ市ネコ座」のテーマは「楽しみながら、猫助け」。もう少し詳しくしますと「猫好きも猫に興味がない人も、猫嫌いな人までも楽しめる、猫が助かる猫祭り」。

 

なので、出来れば、というかむしろネコ嫌いの友人、パートナーと共に出掛ける事をおすすめしたいですね!。あとはやはりお子様ともご一緒に、も親子で楽しめると思います。きっと猫が好きになるか、興味が湧くきっかけになるんじゃないかな?!と。

 

一方、そういう意味で、今回の「ネコ市ネコ座」では(本物の)保護猫は居ませんので、生身の猫と触れ合う事は出来ない点が(個人的には)少し残念な気はします。せっかく保護猫カフェを運営されてるネコリパブリックさんの主催なので、イベントスペースのどこか一角でもいいので生身の保護猫と触れ合えるスペースがあれば良かったと思いますが、まあそれは保護猫カフェにお越し下さい、という事なのでしょう。単純に比較するものではないのですが、「江戸ねこ茶屋」( → https://nekoloog.com/2018/06/22/ryogoku/   )ですと保護猫達と触れ合えますので、可能であればどちらのイベントにも楽しみに行かれたらいいかな?と思います。

 

出来れば、こういう「猫の助けになれる」イベントは、都内だけでなくもっと他の地域でも開催して頂けたらもっと嬉しい!のですけどね。運営費などの問題で色々困難だとは思いますが、今後の課題のひとつとして検討して頂ければ、と望みます。

 

以上、「東京ドームシティで日本最大級の保護猫イベント「ネコ市ネコ座」ガイド」でした。

 

この夏は、猫関連のイベントだけでも色々あって嬉しいですが、熱中症などにはくれぐれもご注意下さいね(もちろん、猫さん達もね)!!

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。