クラウドファンディング「里親の見つからない猫たちのために保護猫カフェを作りたい。」

「ねころーぐ クラウドファンディングで保護猫カフェを作りたい 。  公式グループ」

「Readyfor」にて7月23日に里親の見つからない猫たちのために「保護猫カフェを作りたい。」プロジェクトを公開いたします!

公開後URL:https://readyfor.jp/projects/nekoloog

開業費用の初期費用のご支援を3000円から募っています。リターンは、お葉書(猫のフォトアルバム)+カフェ無料利用券を送付致します。
ネットで発信し続けるだけではなく、自分で保護猫カフェを持ちたい。そう思い開業を決意しました。皆様のご支援が大きな力になります。どうぞご支援・ご協力よろしくお願いします。

クラウドファンディング「保護猫カフェを作りたい。」

 

 

猫が泣いてる?いえいえ、病気の症状です。症状の対処法とは?

猫が泣いてる?いえいえ、病気の症状です。症状の対処法とは?

猫の病気で多いのが目やに。我が家の猫も困っています。

目やにが出ているから重症というわけではもちろんないのですが、常日頃から涙目ですし、たまに本人も目が開きにくそうで可愛そうです。

治るなら、直してあげたい!

今回は、そんな目やにの対処法についてまとめてみました。

そもそも目やにって?

偏に目やにと言っても色々です。

人間と一緒でゴミが入ったり傷があるから出るものもありますし、重症なものだと細菌感染によるものもあります。

朝目のごみが取れて少し出る程度なら気にしなくてもいいのですが、慢性的に大量に出てくる目やにの場合は対処が必要です。

目やにの色にも注目!

茶色や黒の目やにの場合、基本的には大丈夫なのですが、白色や黄色、黄緑色の目やにの場合は早めに受診を心がけてください。

猫風邪などの可能性もありますし、目やにを放っておくことで失明する猫ちゃんもいるんですよ。

ちなみに、猫風邪の後遺症で目やにが続く猫ちゃんもいます。

我が家の猫はそれです。

目薬などを大人しくささせてくれたら治るのですが、目薬を見ると逃げるようになってしまったので、どうにもこうにも手出しができなくなりました。

獣医さんに連れて行ってもスピード勝負ですと言われるし……

目やにを見つけたら

黄色や白の病的な目やには病院へ行っていただくしかないので、今回は置いておきます。

我が家のように目やにのいたちごっこをしている家庭に向けた対処法を紹介していきたいと思います。

 

①目薬

猫が泣いてる?いえいえ、病気の症状です。症状の対処法とは?

慢性的な目やにへの第一選択は目薬です。

ですが、大人しくささせてくれる子の方が稀です。

というか、いません。

苦労してさしたあげく嫌われるという残念な感じになるので、効き目はすごくあるのですが、我が家ではあまり使えませんでした。

後ろから抱っこしてと書いてくれている人もいるのですが、後ろから抱っこどころか、目薬を取りに行っただけで逃げます……猫の勘がいいのが憎らしい。。。

目薬のさし方動画もありますが、我が家の猫の暴れ方はこんなに可愛いものではありません……

②抗生剤

これも効き目はありますが、一時的にしか使えません。

副作用もありますし、腎臓が強くない猫に毎日薬を服用させるのはやっぱりやめたいですよね。

そう考えると本当にひどいときしかできない方法です。

ちなみに、我が家ではチャオちゅーるに混ぜるとなんでも食べるので、飲ませ方はそこまで考えなくてよかったです。

③サプリメント

猫が泣いてる?いえいえ、病気の症状です。症状の対処法とは?

保護主さんから教えてもらったサプリメントでメニにゃんというものがあります。

 

栄養補助食品なのですが、味も悪くないようでカリカリにふりかけしただけでも食べてくれます。涙目が多少ましなので、食べさせてますが、きれいさっぱり治るためにはやはり目薬なりお薬なりが必要なようです。

④ウエットティッシュでふき取る

とりあえず、目がふさがるといけないので、気が付けばふき取るを繰り返しています。

ただ猫からしたら

「何をするだー! 顔を拭かれるくらいなら、目やにの方がましなんだ~」

と言わんばかりに抵抗します。

ふき取る際に、人間用のウエットティッシュはアルコールが入っていますので、使用せず、動物用のものを使用してくださいね。

また、冷たいもので拭かれると嫌がるそうなので、常温もしくはウエットティッシュではなく、お湯で湿らせたティッシュなどで拭いてあげるといいかもしれません。

まとめ

我が家では対処法③と④を継続して何とか目が閉じないようにしていますが、これからのことを考えると、何とか目薬を差す方法を開発した方がよさそうです。

ちなみに目やには猫の悩みで堂々の1位に君臨しているらしく、困っているのは我が家だけではないようです。

皆さんも色々と目やにの対処を試してみてくださいね。

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。