クラウドファンディング「里親の見つからない猫たちのために保護猫カフェを作りたい。」

公開1週間目で14名の方、計185000円をご支援頂きました。本当に、ありがとうございます。

公開URL:https://readyfor.jp/projects/nekoloog

9月21日までに、200万円以上を集めなければ、全額返金になります。

皆様のご支援を無にしないよう、支援の輪を広げられるよう引き続き頑張ります。

どうかご支援の方、よろしくお願いいたします。

 

 

猫飼い主同士を助け合うマッチングサービスニャッチング(nyatching)について

 

世の中には様々なペット関連のサービスがありますが、個人的には大変期待している猫専門のサービスの1つである「nyatching(ニャッチング)」というWebサービスを詳しくご紹介したいと思います。

猫飼い主同士を助け合うマッチングサービスニャッチング(nyatching)について

 

そもそも、その”nyatching(ニャッチング)”というのは何のサービス?

 

そうですね、簡潔に申せば「猫の飼い主同士が助け合えるようにする為のサービス」という感じ。具体的には、お互いの家猫(=愛猫)のお世話をしてもらったり、お世話したり出来るようにする為のサービスです。

 

今までですと、例えば何らかの事情で長期間家を空けなければならなくなった時、その間の愛猫のお世話を(お金を払って)ペットシッターの方に依頼したり、友人や家族、あるいは近所の方などにお願いしたりしないといけませんでした。同居している家族でしたらほとんど問題ないでしょうが、普段一緒に暮らしているわけではない他人の場合ですと、相手にも仕事や都合がありますから、なかなかお願いし辛い面があると思います。それに相手の方が猫嫌いだったり猫アレルギーだったりすれば頼む事自体が無理。かといって、ペット専用ホテルもお金がかかりますし、なるべくなら愛猫を慣れない環境下に移したくはないですし…。

 

私事で恐縮ですが、過去に一度だけそうせざるを得ない時があったのですが(私は一人暮らし)、その時は当時の職場のアルバイトの女子学生さんに彼氏と一緒に1日2回、ご飯とトイレの世話、あと出来れば遊び相手に、とお願いしました。彼女と彼氏は猫飼育の経験は無かったのですが、ご両人とも猫は大好き!という事で快く引き受けてくれたので大変助かりました。ただ、ウチの子はかなりの人見知りタイプなので、彼女と彼氏が部屋に居る間はご飯どころか、隠れられる隙間に入り込んでしまうだけだったようで、なんかお二人には申し訳なかったという気持ちが大きかったですね…(なので、ご飯はお二人が帰った後に食べてたようです)。

 

数日間とはいえ、やはりその間は愛猫にとってはかなりストレスがたまったと思いますし、やっぱり顔見知りの慣れてる方か、猫飼育の経験が豊富な方にお願いしないとダメかなぁ、と考えたのは事実です(もちろん、引き受けてくれたお二人には感謝しかないです!)

 

話が逸れてしまいましたが、今回紹介する「ニャッチング」であれば、おそらくこういった悩みがほぼ解決出来るのでは?!と考えられるのですね。

 

 

もうちょっとサービスの内容を詳しく教えて!

 

そうですね。まずはこの「ニャッチング」を展開されている「株式会社 nyans (ニャンズ)」様が作成されている図を見て頂くのがわかりやすいです。 ↓

猫飼い主同士を助け合うマッチングサービスニャッチング(nyatching)について

最初にプロフィールなどをWeb上で登録しないといけませんが、登録しないことには何も始められませんから、そこはちゃんと記入しましょう。あとは検索して気に入った方が見つかったらクリック。うまい具合にお気に入り同士としてマッチングすれば、そこで初めてメッセージのやり取りが出来るようになります。そのあとは当人同士でメッセージのやり取り、実際にお会いしてのやり取り、そしてお互いの愛猫ともお会いして信頼関係が築ければ、それでOK。お互いの愛猫のお世話をし合える関係になれる、というわけですね。

 

お金はかかる?

猫飼い主同士を助け合うマッチングサービスニャッチング(nyatching)について

運営側である(株)Nyansさんは少なくとも現在のところは仲介手数料などは取らない方針だという事ですので、ご安心を。

 

じゃ会社側はどこから収入(利益)を得るのかと言いますと、実は登録された猫達のプロフなどのデータをペットフードの企業に提供する事で収入を得る形を考えているそうです。ペットフード会社の方は、登録されている方々の愛猫がどんなフードを食べたり好んだりしてるのか?年齢は?病歴や持病は?猫種は?などの詳細データを得られる事で、それまではなかなか出来なかった、よりピンポイントの営業が可能になる、というメリットを得られるわけですね。なるほどなあ!

 

人によっては、(愛猫の)個人情報をペットフードの会社とはいえ、特定の企業の手に渡るのを好ましく思わない方もいらっしゃるかもしれません。またそれによってあなたご自身に対して営業される事もうっとおしく感じられるかもしれません。その辺りの「不安」に関しては、(株)nyansさんに直接質問、相談、等をされてみれば良いかと思います。

 

お金といえば、(株)nyansさんはペット保険に関しても保険会社と提携する事を検討中で、ユーザーがお互いに愛猫の世話を依頼する時の「万が一」の時のための短期の保険の販売を考えておられるそうです。お互い猫には慣れているとはいえ、どんな事故が起きるかわかりませんしね。考えたくはないですが、もしかしたら虐待される可能性もゼロではないので…..。これはぜひ販売をお願いしたいところです。

 

 

今、このサービスが行われているのはどこ?

猫飼い主同士を助け合うマッチングサービスニャッチング(nyatching)について

まず今年の「猫の日」である2月22日に、福岡市内を対象に登録の受付を開始、ちょうど1か月後の3月22日には東京都内23区内も登録開始。現時点(2018年7月上旬)では実際にサービスを受けられるのは福岡市のみ、となっています(なぜ福岡市?というと、会社の拠点がそもそも福岡市だからです)。

 

ただ登録だけなら現在は日本全国から受け付けているそうです。でも東京23区で福岡市の次に先立って登録開始していますので、おそらく近い内に(次には)東京でもサービスが始まると思われます。

 

その後の展開としては「もちろん日本全国規模で」、と考えられており、期待は大きいところですが、資本に余裕があるわけでもないベンチャー企業ですから、早急な展開は期待してはいけないとも思います。今後の登録数や成果実績次第では、有力スポンサーや吸収合併のお話などもあり得るかもしれませんし。長い目で成功を願いたい、と思っています。

 

 

全国展開の他に何か期待出来るサービスはある?

猫飼い主同士を助け合うマッチングサービスニャッチング(nyatching)について

(社長の谷口氏(猫を抱かれてる女性)とスタッフの方々)

 

前述のように、「ニャッチング」のサービス自体を全国に浸透させる事が当面の目標になりそうなのでまだまだ先の話にはなるのですが、最終的には「猫の殺処分ゼロ」が実現するためのサービス展開を考えている、との事。

 

具体的には実際に猫を飼っている人達だけではなく、様々な事情で飼いたいけど飼えない人達や、今はもう飼ってないけど以前に飼っていたという人達も参加出来るシステムを作って、不幸な猫達を減らしていきたい、と。猫を飼いたいと思っている人が、本物の猫の世話に慣れて飼える環境が整ったタイミングで、猫の里親募集情報をサービスで提供して飼い主になってもらえる、というモデルケースが代表的な例、としています。

 

またそれに付随する形で、お悩み相談もできる掲示板などの導入、プロのペットシッターや獣医さんとも連携して正確な情報提供やレスキューにつながるシステムの構築、等も随時開発中、とのこと。必要なキャスティングもほぼ出来ているそうで、あとは”実装”するだけ。何とも頼もしくて楽しみなサービスですよね!!個人的にはすごく期待、そして応援しています!。

 

(株)nyans、のサイトはこちら。→ https://www.nyans.info/

登録はこちらのオフィシャルサイトにて! → https://nyatching.info/

以上、「猫飼い主同士を助け合うマッチングサービス「ニャッチング(nyatching)」について」でした。

 

こういった企業と企業姿勢は大歓迎ですね。福岡市以外の方は、早く自分の住んでいる地区にもサービスが始まらないかな?!と期待しながら待ちましょう。また福岡市在住で、登録・サービスを体験されてる方がいらっしゃれば、ぜひコメントでもメールでもツイッターでも!ご報告やご感想をお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします!!!

 

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。