クラウドファンディング「里親の見つからない猫たちのために保護猫カフェを作りたい。」

公開1週間目で14名の方、計185000円をご支援頂きました。本当に、ありがとうございます。

公開URL:https://readyfor.jp/projects/nekoloog

9月21日までに、200万円以上を集めなければ、全額返金になります。

皆様のご支援を無にしないよう、支援の輪を広げられるよう引き続き頑張ります。

どうかご支援の方、よろしくお願いいたします。

 

 

【嘆き】猫の里親募集する団体にげんなり!まともな団体があるなら教えて欲しい!!について

 

最近、保護猫の里親募集団体に対する苦情と言いますか、クレーム的な意見、記事を目にする事が増えてきたように思います。
例としては今飼われている愛猫に加えてもう一匹猫を迎え入れたいと思い、
里親募集団体の方々と今まで三度くらい交渉されているようなのですが、ことごとく嫌な思いをさせられて挫折されている等々。

【嘆き】猫の里親募集する団体にげんなり!まともな団体があるなら教えて欲しい!!について

 

里親募集団体の問題点

【嘆き】猫の里親募集する団体にげんなり!まともな団体があるなら教えて欲しい!!について

私個人が今一緒に暮らしている三匹の猫は全員、同じ保護団体様から譲り受けたのですが、そちらの団体様は特に大きな問題点もなく、嫌な思いをさせられたわけではありません。ですので、全ての猫の保護、里親募集団体が問題な訳ではないのです。

しかしその一方で他の多くの猫の里親募集、保護団体を見ても来ました。その経験からすれば、確かに問題を感じさせられる団体が一部存在するのも事実です。

そういう団体の何が問題なのか?と言いますと、「異常なまでの自分達の考えややり方の押し付け」、「個人情報の取扱いに対しての意識の低さ」、そして「本来の目的であるはずの猫の保護がおざなりになってしまっている事」、といったあたりになるかと思います。ではひとつひとつ見ていきたいと思います。

異常なまでの自分達の考えややり方の押し付け

【嘆き】猫の里親募集する団体にげんなり!まともな団体があるなら教えて欲しい!!について

問題とされる団体の場合、必ずと言っていい程、この”押し付け”の異常さが伺えます。先述の場合も、宗教的、政治的な教義の押し付けや、不必要としか思えない正義感の押し付け、等にウンザリさせられています。”私達は猫を助けてあげてるんだ!”的な善人意識、正義感から来るらしい”上から目線”が半端ないそうです。こんな高圧的な態度をとられると誰だってげんなりするでしょう。こうなると猫の保護団体ではなく、もう本当に一種の宗教団体と言われても仕方ないですよね。

個人情報の取扱いに対しての意識の低さ

【嘆き】猫の里親募集する団体にげんなり!まともな団体があるなら教えて欲しい!!について

保護猫を譲渡しようとする時に、その譲渡先の人が本当に猫をきちんと世話が出来るのか?面倒を見きれるのか?という不安を解消するために、その人の事をある程度まで調べる事はある意味、当然の事ではあります。それに最近は猫虐待の目的のために”里親詐欺”を図る輩も目立ってきてますし(参考記事 → https://nekoloog.com/2018/06/11/satoya/ )、用心するのも仕方ありません。

しかし色々見たり聞いたりしてみますと、「それって明らかに個人情報保護法違反にならないか?」としか思えない程、里親希望の方の”情報”を根掘り葉掘り聞いてくる団体が少なからずあるようです。また聞き出す事自体はある程度仕方ないとしても、もっと大きな問題はその聞き出した個人情報の管理、つまり悪用しない・されないための具体的な方法や意思表示が示されない事です。

このご時世、一般企業や組織においてはコンプライアンスが大変重要になっていますし、スマホやSNSなどの多大な影響力も無視出来ない時代であるにもかかわらず、何故か猫の保護団体の方々にはその辺りの意識が欠けてる場合が多いようで、譲渡希望者の個人情報を好きなだけ取得したらあとは放ったらかし状態…。これでは譲渡希望者だって安心出来る訳がありません。

本来の目的であるはずの猫の保護がおざなりになってしまっている事

【嘆き】猫の里親募集する団体にげんなり!まともな団体があるなら教えて欲しい!!について

そもそも本来は不幸な猫を保護して世話をしながら、引き取ってくれる方を探して里親さんの元に授けていくのが保護・里親募集団体の目的であるはずです。それがいつのまにか里親になってもらうための条件を厳しくし過ぎるがために、保護猫達にとっての里親がいつになっても決まらず、更に保護猫の数も増えてゆき、保護猫達の環境全体が悪化してしまっているように思えます。

しかもそんな団体の人達も、そういう好ましくない流れに陥って来ている事に気付かずに、里親希望者の選別や教義の押し付けなどに意識が集中してしまってるようにしか見えないケースも目立っており、結果、保護猫達の世話自体が疎かになってしまっているような気がしてなりません。猫達がかえって不幸になってしまっているのです。

もしもこういった事が知れ渡ってしまうと、お金がかかっても結局ペットショップで買うのが一番無難、と考える人が増えてしまい、不幸な保護猫達がさらに増えてしまう事になってしまいます。

更に言えば、もっと問題かと思うのは「変な団体に当たると面倒で嫌な思いをさせられる」という情報が知れ渡った結果、保護猫を引き取りたいと思う人が減る可能性が高くなってしまう事です。せっかく猫を迎え入れよう!と思っても、そんな話や情報を聞いていると「やっぱり無理そう。止めておこう」と考えても不思議じゃないですからね。それは人にとっても猫にとっても、とても不幸な事です。

もしもそういった団体に当たった場合には、どうすれば良いか?

【嘆き】猫の里親募集する団体にげんなり!まともな団体があるなら教えて欲しい!!について

もちろん、思い切ってきっぱりとお断りした方が良いでしょう。その時にはおそらく罵詈雑言を浴びせられたりもする事もあるでしょうが、先々の事を考えれば辛抱するべきかと思います。

また、もしも必要以上の個人情報を引き渡してしまっていた場合は、万が一の危険もありますから場合によっては、弁護士や警察に相談した方がいいかもしれません。ただし、個人情報保護法は一般的に企業に対しての法律であり、宗教団体や政治団体は「適用外」となっていますし、また五千件未満の個人情報保持者の場合も「適用外」です。ですので、基本的に猫の保護・里親募集団体に関しては、個人情報保護法の適用外になりますから「自衛」する必要があるのです。ですので、「あれ、ちょっとアンケートや質問の数や内容がなんだか怪しいのでは?」と感じたら、すぐに断った方が得策かと思います。

またそれにも関連しますが、そういった劣悪な団体を放っておくのも色々問題になりますので、出来ることならば居住地域の保健所か役所内の動物愛護関連の部署にも知らせておいた方がいいかと考えます。そういった団体でも特に犯罪を犯しているわけではありませんが、社会的に問題かと思いますし、動物愛護的にも問題ですからね。

では保護猫を引き取りたい場合はどうすればいいのか?

【嘆き】猫の里親募集する団体にげんなり!まともな団体があるなら教えて欲しい!!について

まずここで強調しておきたいのは、今回記しているような劣悪な里親募集団体の方が多い、というわけではない、という事です。先に取り上げた投稿者の方は「そうじゃない団体もいるだって?いるなら教えてほしいよ。どこにいるのそんな「優良」慈善団体」、とまで書かれていますが、そういったケースは確かに最近増えているのは事実かと感じます。しかし「優良な」団体も確実に存在しているのも事実です。

実際に私自身がお世話になり、3匹の保護猫を譲って下さった団体様をここで紹介させて頂きます。

→ みにみゅう様 : http://minimyu.blog.jp/

〒104-0054 東京都中央区勝どき2丁目3−11

こちらの方々は基本的な条件以外は保護猫達の事を考え、譲渡条件に厳しくされていません。ですので、もし都内で保護猫を引き受ける事を考えられてる方は、ぜひ一度検討してみて頂ければ、と思います。

他の地域に関しましても、つぶさに根気よくネットなどの口コミや評判などをリサーチしてみて頂ければ、きっとどこか評判の良い保護団体がヒットするかと思います。逆に評判の芳しくない団体も判明するでしょうし、諦めずに探してみてはいかがでしょうか。

また民間の団体ではなく、行政関連機関にまず問い合わせてみるのもひとつの方法ではあります。もちろん、無条件で譲渡されるわけではありませんが、宗教的やら政治的やらの変な押し付けのようなものに対する余計な心配・不安は無用になります。当ブログでは過去にこんな記事を掲載しておりますので、参考にして頂ければ。

→ 「猫の里親になれる譲渡会・保健所一覧(全国版)

→ 「猫の飼い主・里親になる方法と必要条件とは?(トラブル事例付き)

それに、世の中には保護すらされないままの野良猫と呼ばれる猫達がたくさん居ます。たしかに病気を持ってる猫が少なくないでしょうが、本当の意味での「保護猫」を望んでらっしゃるのなら、野良猫(=外猫)にもぜひ目を向けて欲しいと思います。野良猫だから、といって人に慣れない、なんて事は絶対にない事は保証出来ますよ!。時間のかかる猫もたしかに居ますが、最終的には人を愛してくれます(もちろん、私達の愛情は不可欠ですよ!)。猫ってそういう動物ですから!。

最後に

【嘆き】猫の里親募集する団体にげんなり!まともな団体があるなら教えて欲しい!!について

個人的に、要は「バランス」の問題なのでは?と思うのです。たしかに猫の将来を考えれば、保護主側としては少しでも安心出来そうな人の元に行かせて上げたいでしょう。でも条件を厳しくし過ぎると引き取り手も居なくなってしまいます。そのへんのさじ加減と言いますか、バランスの取り具合ですよね。あれもダメ、これも駄目!では何も解決しませんし、第一、猫のためにもなりません。保護猫達にとっては、一刻でも早く温かい家庭の家族の一員になれる事が一番の優先事項なはず。譲渡の条件を厳しくされている保護団体さんは、そのあたりを再考して頂ければ、と強く思います。

また保護猫の譲渡先を探されている方で、運悪く劣悪な団体に当たってしまった場合でも諦めずに探し続けて欲しい、と思います。世の中には恵まれない猫達がゴマンと存在しています。現実に日本では4万5千匹以上の猫達が殺処分されているのです(平成28年度)。しかもそのうちの約3万匹は子猫・・・。これだけの猫達が殺されているのに、迎え入れる猫を探し出せないなんてはずがありません。個人的な好みや希望、そして事情もいろいろあるかと思いますが、引き取り側の贅沢というか希望の条件も高すぎやしないか?、と一度ご自分を振り返ってみて頂く事も必要かもしれません。

幸せな猫との出会いに恵まれるよう、願っています!。

以上、【嘆き】猫の里親募集する団体にげんなり!まともな団体があるなら教えて欲しい!について、でした。

 

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。